天井と底値の予測が大切


こんにちはhasumiです。



Fxを含め投資というものは、底値で買って天井で売れば、最高の利益になります。



しかし普通にチャートを見ていても、どこが底値圏なのか、天井圏か、基準でもなければ、初心者に判断できるわけがないって思いませんか?



最近のFXでは、初心者のようにトレード経験が浅い場合でも、先人たちが開発したインジケーターと呼ばれる分析ツールを使うことで、ある程度、データに基づいた合理的な判断をすることができます。



インジケーターを活用することで、チャート上に、底値圏や天井圏の予想を表示することができるため、FX初心者でも勝率を高めることができるようになります。



⇒無料のfxチャートを初心者が効果的に活用するコツ3つとは?



今回、今現在のチャートの様相が底値なのか天井なのかを判断し、勝つための執行ができるようになるFXチャートの分析手法について、インジケーターを使った事例を図を見ながら解説していきます。



一般的にインジケーターには、オシレーター系とトレンド系の2種に分類されますが、それぞれについて、お薦めインジケーターを使った具体的な事例をご紹介します。



まずは、これらの用語を簡単に解説した上で、本題に入っていきたいと思います。



スポンサーリンク





オシレーター系、トレンド系の用語の意味について



オシレーター系のインジケーターとは




fxの相場で投資家たちの勢いが強く、買われ過ぎや売られ過ぎになる場合がよくありますが、価格というものはほっておいても大抵は自然に元に戻る習性があります。



ほぼ確実に戻ってくるであろう時に、ポジションも持てば利益になる可能性が生まれます。



この手法のことを、「逆張り」といいますが、オシレーター系の指標は、このような状況を察知し、シグナルで教えてくれる逆張りトレードに役立つ指標です。



代表的なオシレーターに、RSI・MACD(マックディー)・ストキャスティングなどがあります。



トレンド系のインジケーターとは?




トレンド系のインジケーターとはトレンドを見極めるのにかかせない指標で、代表的なものには移動平均線・一目均衡表・ポリンジャーバンドなどが上げられます。



fxで利益を得るのに一番ストレスが少なく、かつ利益が上げやすいのがトレンドに乗って取引を行うこの「順張り」と呼ばれる手法です。



ちなみに欧米に比べこの手法を使うのは、圧倒的に日本に多いのだそうです。



スポンサーリンク




fxチャート分析検証その1;オシレーター系RSIを使ったケース


底値は天井と逆


ご紹介するRSIは、ある一定の期間中(大半は14日)の取引高の変動幅(0%~100%のどれくらいになるか)を分析する形で、今のチャートが買われすぎなのか売られすぎなのかを判断していきます。



一般的にはレート価格が上部70%以上のゾーンに入ると買われ過ぎ、下部は30%以下のゾーンは売られ過ぎのサインとされます。



シグナルが出たら買われ過ぎの場面では売りを、売られ過ぎの場面では買いでエントリーすると良いと言われており、非常にわかりやすいので人気の指標です。



RSI 窓あり 


ただし、これはあくまでも基本的考えです。



天井や底を予想して逆張りでエントリーを仕掛けることで、うまくいけばまさに大きな利益になるのですが、タイミングが早いとエントリーの仕方次第では損失を招きます。



シグナル通りに大きな上昇トレンドを形成する場合にも、出た直後に一旦急落(急上昇)する「ダマシ」があることは良く知られています。



わかっていても「ダマシ」を完璧に避けることはおそらく難しいでしょう。



RSIは、実際の値動きと逆方向のシグナルを出すケースが多いです。



この現象をダイバージェンスといいますが、RSIにおいては、非常に信頼性の高いシグナルとされており、とくにFX初心者においては、このシグナルがでたら、素直に従うというルールをつくることが、FX勝率を高める1つの戦略になります。



→ fxの3つの主要チャートソフトを比較してみた



fxチャート分析検証その2;トレンド系分析を使ったケース


移動平均線とMACD


トレンド系分析を使ったケースの中でも、比較的よく使われている、移動平均線とMACDの組み合わせで使用した結果をみていきましょう。



まず、移動平均線についてですが、「ある一定期間における終値の平均値」を、つなぎ合わせて線にしたものですが、主に、以下3つの情報を知ることができ、チャート分析には欠かせないものです。



  • 株価の大まかな流れ
  • 現在の価格が高いのか安いのか
  • 価格の値動きの今後の予測


  • 移動平均線により、ローソク足だけではわからない変動をしることができ、短期長期のラインを繋げることで、上下の価格が交差するトレンドラインが出た場合に転換の時期が明確にわかることになります。



    ⇒fxチャートの見方の3つの基本は?ローソク足の見方を詳細図解!



    こちらが移動平均線をいれたローソク足チャートです。



    移動平均線


    数値化したラインは、短期の移動平均線と中期の移動平均線です。



    相場の上昇をしめすゴールデンクロスと下降をしめすデッドクロスが出現している箇所を、黄色の丸で囲ってみました。



    移動平均線は通常、これをベースにインジケーターと併用して使うことが一般的です。



    その理由はチャート機能の精度が飛躍的に向上するからです。



    具体的に見ていきましょう。



    先ほどの移動平均線の表示したチャートに、オシレーター系インジケーターのMACD指標を重ねて見ていきます。



    移動平均線とMACD


    今回使用したMACD。下のライン2本と図形がそれです。




    数値化したラインにも、相場の上昇をしめすゴールデンクロスと下降をしめずデッドクロスが出現していますね。これを移動平均線と同様に、黄色の丸で囲ってみました。



    上の移動平均線でとらえた黄色い丸のゴールデンクロスとデッドクロス。



    移動平均線だけよりもMACDを加えた下図の位置の方が少し早く出現していることが確認できます。



    これはMASDを使うことでオシレーター系にあらわれるダイバージェンスが出現し、結果的にチャートの精度を高め、移動平均線だけより早い段階で情報がわかったということなのです。



    ⇒FX初心者がチャートの読み方の精度を高めるためのコツ2つ!



    細かい値動きの中でより正確なチャートの傾向を予測・判断するためには、このように、複数の指標を確認しながら、総合的に判断することが重要です。



    チャート分析に何を取り入れ、どのように分析してトレードに生かすかは、いろいろな組み合わせがありますが、人それぞれ相性があります。



    いろんなパターンで試してご自身のトレードパターンとスタイルを作り上げていってください。



    → fxチャート分析にはリアルタイム性重要な理由とおすすめ業者について



    関連記事




    ⇒外為チャートの過去データの活用方法まとめ!自動と手動の長短は?
    ⇒ザイのFXチャートについて!アプリを活用すべき3つの理由は?
    ⇒fxのリアルタイムチャートの分析精度を高める別指標の活用法は?
    ⇒外貨チャートを選ぶ時の4つのコツまとめ!
    ⇒fxの取引にアプリのチャートが必要な2つの理由は?
    ⇒日経225miniチャートで一攫千金?fx以外の少額投資
    ⇒fxのチャートパターンからコツコツ継続的に稼ぐ4つのコツとは?
    ⇒FXの為替チャートで円ドルやユーロドルが稼ぎやすい理由まとめ!
    ⇒おすすめのfxチャートを選ぶための2つのポイントとは?



    関連動画








    スポンサーリンク