チャートは最新の情報にこだわる


こんにちはhasumiです。



fxの運用対象である為替は、細かく常に値動きを繰り返しています。



のこぎり刃のようなレンジ相場から、上下いずれかの方向に突き抜けるとき、大きな利益が期待できます。



しかし、このタイミングを掴むには、常に最新の情報を得られることが重要。



fxチャートで求めるリアルタイム性と、このコンテンツに準ずる業者を選んでみました。



スポンサーリンク





fxチャートのリアルタイム性とは?狙ったタイミングを外さないこと




リアルタイム性がだいじな理由


現在fxのトレードは、自宅のパソコンを使ったシステムトレードが主体。



パソコンやモバイル用のチャートを各fx会社が開発し、取引ツールとして提供しています。



お気づきの方も多いかと思いますが、この表示レートは各社で微妙に違いますよね?



為替は、銀行間のインターバル市場。fx会社のチャートは、それぞれのカバー銀行が決めるレートを主にした動きで表示されます。



ですから、ある程度の誤差は生じるものなのです。



fxの取引で、もっとも重要視すべきポイント、それは、『いかにタイムラグのない、まさに「リアルタイム」な取引ができるかどうか』ここに尽きるのです。




その理由を逆パターンの、よろしくない例であげてみましょう。




●立ちあげたfxチャートソフトの起動が遅い。トレード時、動作が重く、注文したレートでのエントリーが出来ないこともたびたびある。



●ドルやユーロなどメジャーな通貨はよいが、アフリカランドなど、ややマイナーなペア通貨はページ表示に時間がかかる。



⇒FXの為替チャートで円ドルやユーロドルが稼ぎやすい理由まとめ!



●急なメンテナンスが多い。ブラウザが固まり、最悪な場合、取引そのものが出来ない。




このようなチャートは、一見、リアルタイムチャートで表示されても、豊富なテクニカル指標があっても、トレード機能としては用を足しませんね。




原因はfx会社が使用しているサーバーが貧弱だから。これらは意外とよく起こっている問題でもあります。



そんな中、世界のトレーダーの多くが利用しているメタトレーダーというチャートは、動作が軽いと評され、最近、日本でも注目されています。詳しくは別の記事で解説していますのでお読みになり、実際に試してみてはいかがでしょうか。



無料のfxチャートを使って正しい分析を



サーバーダウン リスク




サーバーに関連する問題が生じやすいのは、たくさんのトレーダーが集まって、いろいろな注文やアクションを起こすときです。




その具体例をあげると、価格急騰や暴落という、トレーダーにとって、もっとも利損益が左右される局面。



あるいは、発表される指標後の利食い決済や、市場が休みとなる土日前の決済などがこれに該当します。



しかし多くのトレーダーはある意味、この瞬間のためにfxをしているといっても過言ではありません。



なのに、注文した価格がなかなか表示されず、やっと約定したと思ったら、大幅なスリッページを起こして、不利益なレートでのポジションや決済になってしまった。



これは相当にショックですよね!



チャンスに利益を上げられないチャートは、将来的に大きな損失やトラブルに発展していく可能性大!なぜなら、土日決済の集中は、毎回、わかりきっていることだからです。


この状態を解決することもなく放置しているfx会社との取引は、どんなに有名であっても、スプレッドが狭いと謳っていても、利益への期待は薄いと言えましょう。



「今」、このレートを捉えられなくて、リアルタイムチャートであるはずがありません。



あまりに悪質なfx業者は、監督官庁から行政指導をはじめとして、いろいろな処分を受けることがあります。



しかし、その後、真摯に対応し、改善が見られる会社であれば、チャート選びに加えても良いと思います。



それから、ツールの中には自動的にチャートが更新されないものもあるようです。



手動で更新しないといけないため、チャンスやピンチの時に、トレードが不利になるかもしれません。



≪まとめ≫
fxチャート選びにリアルタイム性を求める王道は、ポリンジャーバンドなど自由にテクニカル指標が挿入でき、どの通貨ペアもスピ-ディに表記され、実際のエントリーと約定の確定が早く、誤差が少ないチャートです。




スポンサーリンク




fxのリアルタイム取引におすすめのfxチャートを提供する業者2選




おすすめの業者情報 (画像引用;GMOクリック証券の公式ページより)



おすすめ業者その1;GMOクリック証券




リアルタイムでチャートの表示をしてくれる業者に、GMOクリック証券があります。



「プラチナチャート+」というチャート分析専用のソフトが開発され、はっちゅう君からスムーズに注文ができ、名実ともにとても人気が高いチャートです。



このほか、他にない特徴を上げるならば、同一通貨ペア・異なる通貨ペアのチャート画面が、それぞれにテクニカルを使って、最大16画面を一度に表記できることでしょう。



自動的に更新してくれるのはもちろんのこと、シングル・サインオンと言ってほかの金融商品の取引も、証券総合口座1つあれば複数の取引が可能になります。



もしfx以外でも、株式や日経平均株価などを使った資産運用を将来的に検討しているのであれば、GMOクリック証券の利用を検討してみる価値はあると個人的には考えています。



日経225miniチャートもありますし、はっちゅう君は株式にもありますので、使い慣れたツールで取引できますよ。



⇒日経225miniチャートで一攫千金?fx以外の少額投資



パソコンだけでなくモバトレと言って、モバイル向けのツールも充実していますので、外出先でスマホで相場の状況を逐一チェックできますね。



GMOクリック証券のスマホアプリを、実際には利用してみてはいかがでしょうか。別の記事で、メリットをまとめています。



fxチャートのチェックになぜアプリが有効?3つのメリットまとめ!



ヒロセ通商 提携銀行380行 キャンペーン


おすすめ業者その2;ヒロセ通商





ヒロセ通商もリアルタイムのfxチャートを提供する業者として、初心者から上級者まで高い人気があります。




「LIONチャート」という名称でJavaのみインストールできるもの、Flashだけのインストール、ブラウザがあればインストールなしでチャートのチェックができるものがあり、パソコンの環境に合わせて最適な選択肢を選べます。



また、アイフォン・携帯・アイパッドなど、多様なモバイルに対応したアプリで、リアルタイムのチャートはもちろん、多様な注文も1アクションでできます。



⇒ザイのFXチャートについて!アプリを活用すべき3つの理由は?



為替市場の沿った取引時間に対応しており、ペア通貨は50種類。最近はスワップポイントにも力をいれていますね。



大量取引のリスクに関しても、スイスフランの暴落などで、著名なfx会社が軒並サーバーダウンや、大幅なスリッページを起こしましたが、少なくとも調べる範囲では問題なく対処しています。




と、いうのも、ヒロセ通商はオラクルという世界的にも有名なデータベース・ソフトウェア会社のシステムを採用しており、とにかく安定しているのですね。



また、どの通貨も1クリックで発注手続き出来るため、効率的にトレードや決済ができる大変使いやすいチャートでおすすめです。



特にチャートソフトの観点でおすすめのFX業者を、以下の記事でまとめておりますので、合わせてご参考下さい。



⇒fxのチャートソフトのおすすめは?分析・サポート面で5業者厳選!
⇒おすすめのfxチャートを選ぶための2つのポイントとは?



関連記事




⇒FX初心者がチャートの読み方の精度を高めるためのコツ2つ!
⇒外為チャートの過去データの活用方法まとめ!自動と手動の長短は?
⇒fxのリアルタイムチャートの分析精度を高める別指標の活用法は?
⇒外貨チャートを選ぶ時の4つのコツまとめ!
⇒fxのチャートパターンからコツコツ継続的に稼ぐ4つのコツとは?
⇒無料のfxチャートを初心者が効果的に活用するコツ3つとは?
⇒fxチャートの分析精度を高めるインジケーター2種の活用方法は?
⇒fxチャートの見方の3つの基本は?ローソク足の見方を詳細図解!



関連動画








スポンサーリンク