ある通貨を購入して、売ることで為替差益を狙っていくのがfxの基本的な取引スタイルです。



このため、売買の注文を出さないといけません。



fxにはいろいろな注文方法があります。任意で注文する方式もあれば、売買が自動的に注文できるスタイルもあります。



自分の運用スタイルを考えて、自分に合った手法はどれかチェックしましょうね。



スポンサーリンク





fxの基本的な注文方法




fxの注文でまず押さえておきたいのは、成行注文と指値注文です。



成行注文が最もオーソドックスな注文方法で、通貨ペアと取引する数量を指定して注文します。



この時、その注文した時の為替レートでトレードは行われます。



手動で注文する形になりますね。指値注文はリミット注文と呼ばれることもありますが、あらかじめ為替レートの指定をします。



そのレートに差し掛かると、自動的に売り買いのできる注文方法となります。



例えば仕事や家事の関係で、トレードに参加できない時間帯に大きくレートが変動する可能性もあります。



このような時に利益を確定するために、指値注文をする人も多いです。



指値注文の派生型として、逆指値注文があります。



ストップ注文とも言われていますが、自分にとって為替レートが不利になった場合、一定のラインまで差し掛かってきたら自動的に売買する注文方法です。



自分の予想とは逆の値動きになった場合、自分が画面をチェックできない時でも損切りができるわけです。



何となくトレンドは理解しているけれども確信が持てないといった時に、逆指値注文をしておけば、一種の保険のようになります。



スポンサーリンク




fxの自動売買による注文方法




fxは平日であれば、24時間いつでもマーケットがオープンしています。



ずっとトレードしているわけにはいかないでしょう。



仕事している人も多いでしょうし、何より人間一定時間眠らないと体を壊してしまいますね。自分が画面を見ていられない時に何か起きた場合に対処できるように、fxには自動売買による注文方法もあります。



IFD注文とは、If Doneの略称です。「こうなったらこうしますよ」という注文になります。ワンセットで新規の注文と、その決済の注文を出せる注文方法ですね。



新規注文が成立すると、その時点で決済注文が自動的に有効になるわけです。



売買の注文をセットでできますから、仕事などの関係で、あまり1日に長時間画面を確認できない人にはおすすめの注文方法だと思いますよ。



利益を確定するために使えますし、相場が安定しない時損切りをするために活用することも可能です。



OCO注文という自動売買の方式もあります。



One Cancels the Otherの略称で、売買の注文を2通り出します。



そしてその後の値動きで一方の注文が成立すると、もう一方の注文は自動的にキャンセルできます。



今後相場が上がった時と下がった時を想定して、指値注文と逆指値注文を同時に出すスタイルが一般的です。



こうしておけば相場が上がった時には利益確定できますし、もし下がったとしても損切りをして損失を必要最小限に抑制できるわけです。



相場の予想が立てづらい、予想のしにくい時に利用すると良いでしょう。新規注文と決済注文の両方で利用できますよ。



IFDO注文はIf Done order + One Cancels the Otherの略称で、先ほど紹介したIFDとOCOの両方の側面を持ち合わせた注文です。



IFO注文と紹介されることもありますね。最初の注文から決済に至るまで、完全に自動売買で取引できるわけです。



しかも利益確定と、いざという時の損切りの両方の注文ができます。あまり取引に参加できない人は、自動売買の注文方法を活用してfx運用していきましょう。



関連記事




⇒fxの勉強をしたい!そんな人におすすめの動画を3本紹介!
⇒fxのおすすめ本は?取引スタイル別に4冊紹介!
⇒fxの運用スタイルの一つ・スイングトレードの手法を徹底解説
⇒fxの投資手法はマインドの戦い
⇒FXは情報戦!時に2chを活用する方法も
⇒fx・レバレッジと借金の関係性を知る
⇒fxと外貨預金ってどっちがいいの?
⇒fxの仕組みは簡単?挫折をするタイプは2種類
⇒fxで儲かるためのルールの確立方法について!
⇒fxの口座開設数はどのくらいあった方がいいの?



関連動画








スポンサーリンク