注文の仕方でスマートに稼ぐ


こんにちはhasumiです。



fxにはさまざまな注文方法があります。そのわけをあなたはご存知でしょうか?



FXの基本は、保有する通貨のポジションのレートが上昇または下降すると利益が得られる取引です。



ところが為替は24時間世界の市場を巡っており、寝ている間に大きくレートが変動することも多々あります。



だからといって一日中、パソコンに張り付くことなど一般人にはできません。




ですから、チャートを見ながら行う注文と、見ないで自動的に売買を行う注文があるのです。




業者は、ユーザーの声をもとに次々に開発しています。注文方法を上手に活用すれば、優位な条件でトレードができたり、チャートをみていない時のチャンスや、急なリスクへの備えにもなりましょう。



今回は、初心者の人に向けた内容で、注文方法を3つのパターンに分けて、ざっくりとお話します。



スポンサーリンク




fxの基本的な注文方法|成行注文・ストリーミング




fxで初心者が利益をあげる注文方法をわかりやすく解説!


まずfxの注文方法として、成行(なりゆき)とストリーミングについてご説明します。



成行注文(なりゆき)



初心者にとって最もスタンダードといえる注文方法です。



目の前のチャートに配信されている、リアルタイムの為替レートで、通貨ペア・取引する数量・売りか買い。これを指定し手動で注文。これで完了です。



 ですから、すぐに決済したい時などにはうってつけで、操作手順も少なく約定しやすいのも利点です。



しかし、注文と同時にレートが変動した場合、変動したレートで約定します。特にレートが活発な場合や急変時には、注文と約定レートに幅がでる場面が多くみられます。



シンプルな成行注文で、チャートの見方や、テクニカルの使い方などツールの操作性を検証。発注したレートと実際のポジションレートが違うのはどんな時か。どのような時に幅が大きくなるのかなど、メモしておくとよいです。




ストリーミング注文



ストリーミング注文とは、基本的にはリアルタイムで配信されているレートの成行注文方法です。



成行注文よりも約定させたいレートで約定させることができ、レートが不利な方へ変動した場合は約定しないという便利な注文方法です。



相場の変動が激しいときにはなかなか約定させることができません。



動きが緩やかなときに使うのが一般的です。



スリップの許容できる変動幅を設定することもできますよ。



いくらでもいい!とにかく早く売りたい(買いたい)!という時以外は、ストリーミングで自分が許容できる上限・下限を入力して指値注文を使うとよいでしょう。


ここで一つ。fxの初心者の方からよく聞かれる以下の質問を補足しておきますね。

 
【成行注文とストリーミング注文の違いは何ですか?】 

【答】ストリーミングもリアルタイムで行う成行注文です。しかし、成行注文が必ず指定通り約定するのと違い、ストリーミングは、注文レートと変動したレートがあまりにかい離した場合には約定しません。

意図しないレートでの約定は基本的にしないため、新規での取引に向いていると言えます。 


fxの注文方法(併用して使いたい)|指値(さしね)注文・逆指値注文




FX注文方法ポイント3つ3


指値注文(さしね)



指値注文はリミット注文と呼ばれることもあります。



 あらかじめ為替レートの指定をします。そのレートに差し掛かると、自動的に売り買いのできる注文方法となります。



例えば仕事や家事で、トレードに参加できない時間帯があったり、指標の発表などで大きくレートが変動する可能性もあります。そんな時には事前にわかっても損失を覚悟しなければならない場面もあります。



このような事を避けるには指値注文が有効です。リスクへの対応はトレード毎にしておきましょう。



成行注文やストリーミングの操作に慣れてきたら、指値を入れてポジションを持ってみましょう。他の注文とも組み合わせて、独自のパターンをみつけてください。



逆指値注文(ぎゃくさしね) 



文字通り、指値とは逆の注文です。ここからはちょっとレベルUPですよ。



通常は、指定した額よりも値上がってしまうと買えません。そしてそのまま値上がりを続ければ買いそびれてしまうということになります。



これを避けるために逆指値注文があります。指定金額よりも上がった時点で買い注文を出し、下がれば売り注文を出します。



また自分の予想とは逆の値動きになった場合、 「設定レートを下回ったら売り」という逆指値注文を入れておけば、自分が画面をチェックできない時でも損切りがしてくれます。なかなか損切りができない人はもちろん、リスクを限定させておくとよいでしょう。



ただこちらも、かけ離れたレートを超えてしまった場合、大きな損失となる可能性がないわけではありません。



スポンサーリンク




fxの注文方法(自動売買と決済について)|OCOとその他




利益が出ても正しいのかはわからない いろいろな注文方法があっていい


注文方法は基本的なこと以外にも、内容が業者によって、どんどん多様化しており、これらを組み合わせることでトレードの幅は広がります。ざっとご紹介しますね。



OCO注文



OCO注文は、2つの注文を同時に出すことができ、一方の注文が約定するともう片方の注文が自動的にキャンセルされるという、とても便利な注文方法です。



使い方として、新規もできますが、利益確定と損切りというケースが多いのではないかと思います。



例えば、今、1ドル119.15円で買いポジションを持っているとします。119.50円になった時、上昇を期待してOCO注文を出します。この時、利益確定の指値は120.00円。損切りの逆指値は119.00円で設定しました。


予想通りドルが上がり120.00円で決済され、85pips(120.00-119.15=0.85)の利益が確定しました。もし、ドルが119.00に下がっていたら15pips(119.15-119.00=0.15)の損失でした。 



このように利益を得る注文と、逆に動いた場合の損失を限定する注文が同時にできるのです。ほかにもトレンド真っ只中なら、今の利益水準を押さえて、さらに利益を狙うといった上級テクもあります。



時間指定注文



時間指定注文とは指定した時間に成行注文を発注する注文方法です。



例えば今、ドルのポジションを持っているとします。今日の午後9:30以降にアメリカの雇用統計が発表されるのですが、予想ではドルが上がりそう。「チャンス!」。手持ちのドルを、時間指定成行き注文で決済すると注文を出しました。指定の時間は、ニューヨーク市場がクローズする午前4:00にしました。そして予想通りになり、ポジションは4:00に成行で決済しました。



文字にするとちょっと面倒くさそうですが、やってみればそうでもないですよ。



その他の注文



決済に関する注文もたくさんあります。例えば同一通貨を一括ですべて決済する注文や、一回のクリックですべての注文を決済できるワンクリック決済などです。 



特殊な注文方法としては、保有している買い(売り)ポジを一括決済し、同じ数量で売り(買い)のポジを建てるドデン注文などなど。 



従来なら、自分がパソコンの前で操作するしかなかった注文が、見ていない状態でできるようになっています。



このように数儒種類の注文方法を用意している業者もあり、今後はさらに増えるかもしれません。



一度に覚えることなど到底できないと思います。これからfxをはじめたい初心者にはなんのことやら、さっぱりわからないという人もいるかも知れませんね。



わからないことを無理にする必要などまったくありません。




難しいことをしたからといって、利益が上がるというものでもありません。自分のスタイルを作りながら少しずつでも確実に利益を上げていってください。



※注文の名称など業者によって相違します。必ずHPで詳細をご確認願います。



関連記事




⇒fxの勉強をしたい!そんな人におすすめの動画を3本紹介!
⇒fxのおすすめ本は?取引スタイル別に4冊紹介!
⇒fxの運用スタイルの一つ・スイングトレードの手法を徹底解説
⇒fxの投資手法はマインドの戦い
⇒FXは情報戦!時に2chを活用する方法も
⇒fx・レバレッジと借金の関係性を知る
⇒fxと外貨預金ってどっちがいいの?
⇒fxの仕組みは簡単?挫折をするタイプは2種類
⇒fxで儲かるためのルールの確立方法について!
⇒fxの口座開設数はどのくらいあった方がいいの?



関連動画







スポンサーリンク