土日 扉1-1


こんにちはhasumiです。



サラリーマンや主婦にFXがおすすめなのは、為替の取引が24時間世界の市場で行われており、好きな時間に取引ができるからです



しかし実際には土日を挟んで取引ができない日があります。



FXにおいて土日の押さえ方はとても重要なポイントなのでQ&A方式でまとめてみました。



スポンサーリンク





世界の為替取引 土日までの流れ




土日 2


Q.為替市場のお休みはいつからいつまで?



基本的に為替の取引は、どの国においても月曜日から金曜日までとなっており、土日は休みになります。

                                

日本からの取引には時差がありイメージが沸きづらいでしょうから、実際の取引ケースで説明してきましょう。



為替の市場は月曜日、日本時間の『午前4時』にウエリントン市場(ニュージーランド)からオープンし、その後、各国が数時間ずつ重なりながら違う時間帯に、オープン・クローズをしていきます。



一日の終わりはニューヨーク市場で、日本では翌日の午前6時頃にあたります。この時すでにウエリントン市場のマーケットが開かれているので、為替は24時間値動きを続けることになります。




そして週末の金曜日。最後のニューヨーク市場が翌日となる土曜日午前6時頃にクローズすると、次の月曜日にウィンストン市場がオープンするまで相場はすべてお休み。これが為替市場の一週間です。



為替一週間7


ここで注意点があります。



取引先の国によっては、サマータイムにより、季節によって、取引時間が異なってくるケースがあるということです。



例えば、アメリカの為替市場の取引時間(9時~17時)が、日本時間の何時に取引されるかと言いますと、


  • 4~10月なら、22時から翌日6時

  • 11月~3月なら、23時から翌日7時


    となります。


    日本、香港、シンガポールの場合、季節によって取引時間が違ってくる事はありませんが、アメリカはじめ、ニュージーランド、オーストラリア、中東、イギリスなどは、季節によって取引時間が異なります。


    実際に取引する時に、季節ごとの詳細時間を、別途、チェックしておきましょう。



    土日の間のレート変動について




    土日 3


    Q.土曜日ニューヨーク市場クローズ後、ウィンストン市場まで為替レートは動かないの?



    わずかですが動きます。



    例外として中東の方で、イスラムの決まりから金曜日が祝日となり日曜に市場が開いています。



    ただ取引が少ないのですね。中東の取引通貨はポンド米ドルが多いようですが、統計的には、日曜の午後2時までに大きな変動がなければ、値動きは微量と言われています。



    Q.日本で土日のFX取引ができるのだろうか?



    土日の市場を仲介しているFX会社に口座開設をすれば可能です。



    OANDA(オアンダ)という海外から進出したFX会社でその部分をカバーできていたのですが、そのサービスが終了しております。



    ただ、このような画期的なサービスを展開しているOANDA JAPAN、取引執行の際、即時に約定され、約定の遅延や拒否、価格の再提示がなく、口座を保有する価値はありそうです。



    OANDA JAPANの詳細を見てみる



    一週間の取引時間とメンテナンス時間を確認する




    土日 4


    Q.平日と休日の為替は具体的になにが違うの?



    一般的なトレーダーを例にします。



    月曜日。前の流れを引き継ぐ形で世界3大市場と呼ばれる注目の東京市場が午前8時にオープン。



    その日の始値は、東京市場オープン時の値ではなく、ウエリントン市場のオープン時の水準値となります。



    経済指標は8:30に発表されますが、比較的レート変動は少なく、トレーダーが動くのは仲値(決済の基準レート)が決まる午前9:55。取引量が増え、平均的に円安ドル高に動く傾向があります。



    為替の動きはこのように通貨や市場で特徴があって、利益が狙えるポイントも要所にあるのです。時間帯は重要な要素なので以下の記事でまとめてあります。



    fxで活発に値動きする時間帯は?その特徴と対処法



    午後5時以降は欧州・ロンドン・ニューヨーク市場が重なるため、特に午後10~午前2時にトレードを仕掛ける。これが平日の多くのトレーダーの一日になると思います。



    ところが金曜日はこのままという訳にはいきません。土日が休みになるからです。




    平日の取引でも寝ている間に大暴落&ロスカットという事態もある為替ですから、ポジションをもったまま週を挟んで取引を終了させるか否かを見極める必要があります。




    Q.週末はいつまで取引が可能なのか?そして月曜日はいつから取引が可能になるか?



    これについていろいろ調べてみたのですが、各FX会社・FX業者で相違しております。



    さらにヒロセ通商で例にあげますと『LIONFX』と少額ではじめられる『Hirose-FX2(ミニ)』とで取引時間が違いました。つまり取引ツールによっても違ってくるようです。



    参考までに、ヒロセ通商の土曜日は午前5時までトレード可能で、次の月曜は午前6時ですから、ニューヨーク市場のサマータイム取引が丸ごと対応できます。※注『LIONFX』



    しかしFX会社・業者によっては必ずしも時間帯に合わせて取引ができるとは限らないことがわかりました。



    DMM証券の土曜日については、午前6:20~12時までくぎり、12時~午後6時までメンテナンス。同日午後6時~午前7時です。



    対応はできますが、市場が開いている時間中に行われる業者のメンテナンスは、平日においても注意が必要です。



    また、トレードをする際に指値をいれておくことや、手持ちのポジションのロスカット設定の見直しなどもチェックしましょう。




    金曜日の取引時間に事前エントリーした場合、エントリーも約定もできる時間帯と、エントリーだけで約定は月曜日になる時間帯があるようです。この2点については必ず業者に確認しておくことが必要です。




    思うようなトレードを行う事ができない場合もリスクと言えます。口座開設をした会社・業者のホームページを見たり、問い合わせをするなど足元の確認は怠らないようにしましょう。



    スポンサーリンク




    土日取引の注意点について




    土日 5


    Q.土日のFX取引ではどのようなことに注意すればよいのか?



    為替取引は世界の国の銀行が取引を行うインターバル市場です。



    ここで売買されて通貨の値段が決まるのですが、株式と違い、為替レートの変動元は国が情報源となります。



    このため各国の経済指標はとても重要なイベントであり、利益を上げるためには押さえなければなりません。



    為替レートは取引量が多いほど変動が大きくなり勝ちです。取引量が少ない市場では指標がでても値動きが少ないとも言えます。



    取引の増える午後10時からは欧州・ロンドン・ニューヨーク市場の経済指標が目白押しです。



    ポンド円



    なかでもアメリカの雇用統計や政策金利などは、振れ幅が出やすいため、発表内容の予測をあらかじめ情報収集し、持越しが危ぶまれる時には迷わずに決済し約定してしまいましょう。



    ただポジションが大きなトレンドラインの出足でとらえたもので、そのテクニカル分析をしてトレンドは継続していると判断した場合には持越しもかまわないと私は思っています。



    一概にはいえませんが、私の肌感覚では、土日を挟む取引では通常よりもスプレッドが高くなる傾向があるかな、と感じます。



    そういう意味で、もし、あなた自身が、FXの初心者と感じているのであれば、土日のリスクを軽減できる、以下2つの条件を兼ね備えたFX業者の口座を開設していく事も検討していきましょう。



  • 条件1 各種経済指標など有用をリアルタイムで収集できる

  • 条件2 スプレッドが変動しにくい