こんにちは、hasumiです。



FXの醍醐味としてレバレッジがしばしば指摘されますね。



自分の取引証拠金の何倍もの額を使って外貨取引でき、利益をあげることができれば、従来の何倍・何十倍ものお金を手にできるからです。



しかし、倍率が高くなればなるほどハイリスクハイリターンの投機的な取引とも言え、そうなると、いくら魅力的な商品でも躊躇してしまう。



FX初心者の多くは、FXには興味があるものの、高レバレッジ取引の失敗による赤字のリスクが怖くて、FXデビューに踏み切れないケースが多いですね。



しかし、実のところ、レバレッジ1倍の取引でも、スワップを活用したり、中長期を前提に運用することで、十分資産運用の楽しさを実感できますし、運用次第でしっかり稼ぐことが可能なのです。



私の10年以上の証券会社での勤務経験で見てきた稼いでいる方の特徴を踏まえた上で、レバレッジ1倍でFXをしたい人が少しでも勝率を高めるためのFX業者の選定ポイントをまとめると、ズバリ、以下2点になります。





  • 1.FX初心者におすすめという視点で業者を選ぶ

  • 2.複数のおすすめ業者を片端から口座の登録する




  • なぜならば、



    どのFX業者もレバレッジを1~25倍で設定できるため、レバレッジでFX業者を比較する意味があまりなく、レバレッジ1倍で運用したいと思うひとの大半は、リスクに対する漠然とした不安を抱えるFX初心者だからです。



    また、後ほど詳しく解説しますが、FX業者によって、FXチャートから得られる情報や、勉強会や物的特典などが異なります。



    例えば、ドルと円以外の通貨のペア数、取引のlot、注文の種類、初心者の専用サイトの有無などは押さえどころ。



    自分がどういう取引に向いているかを知るためにも複数の業者を登録し、それぞれの業者から網羅的に情報収集することで、『より精度高く、よりお得に』日々のトレードを進めることが可能になるからです。



    そこで今回、レバレッジ1倍から安全にFXデビューできるお勧めのFX業者をランキング形式でご紹介した後、FX取引でレバレッジ1倍でも稼げる理由などについて解説致します。



    それでは、さっそく、レバレッジ1倍の取引をしたい方におすすめのFX業者を5つご紹介します。



    FXの情報ネットワークやリテラシーを広げるためにも、これからご紹介する業者についてサクサク登録作業を進めていきましょう。



    レバレッジ1倍から始めたいfx初心者におすすめ業者『DMM証券』





    ⇒DMMFXの公式サイトから口座開設する




    DMMのサービスは、コマーシャルでも宣伝していますから知っている人も多いと思います。



    DMMはFXのサービスも行っていて、DMMFXがそれですね。DMM FXはキャンペーンを実施していることが多く、キャンペーンを利用すればお得に資産を増やせるかもしれません。



    スプレッド幅最小キャンペーンがしばしば実施されていますね。



    ただでさえ国内でもトップクラスのスプレッド幅の狭さなのに、さらに狭くなります。



    スキャルピングのような短期間でバンバントレードする人にとっては魅力的。



    年間の半分以上キャンペーンが何らかの形で実施されています。通常時でも、ポイントサービスがあります。1ポイントにつき1円キャッシュバックするシステムで、取引量に応じてポイントの付与されるサービスになります。



    他に口座を開設しておいて、キャンペーンの時だけDMM FXを利用するのもありかもしれませんね!



    円安の景気上昇の風はどこで吹いているやらイマイチわからないのですが、一生懸命働いても見合う収入が稼ぎづらくなっています。



    ただ預けているだけでは目減りする時代に入ってきました。投資や資産運用は当たり前に必要な教養の一つになる日が近づいているのかもしれません。投資は必然になり、その一部をFXでの少額資産運用という選択肢があっても良いと私は思っています。



    冒頭でもチラッと触れましたが、各業者で独自のセミナーも主催している場合があり、複数業者のFX口座を開設しておくことをお勧めします。FXで稼ぐための有益情報を得られる環境が整うからです。



    ⇒DMMFXの公式サイトから口座開設する



    レバレッジ1倍から始めたいfx初心者におすすめ業者『外為オンライン』





    ⇒外為オンラインの公式サイトから口座開設する




    まず、外為オンラインがFX初心者に高い人気を誇る理由として見逃せないのが、スプレッドが固定になっている点です。



    最近はFX業者間でスプレッドの狭さを競っていますが、固定と謳う業者であっても、激しい動きになるとスプレッドを大きく広げる傾向があるようです。その中で外為オンラインは、一見高めの設定ですが、例えばドル円の急変時にもスプレットは1銭のままをこだわる姿勢です。



    ここが、特にFX初心者であっても安定した運用ができ、お勧めできる最大のポイントです。



    外為オンラインの取引ツールにも注目





    ハイブリッドチャートやNEWSチャートなどは外為オンラインのオリジナルサービスで、特許出願をしており注目に値します。




    一つの画面で、チャートが何種類も出せるため、より詳細な分析ができ、時間足などもいろいろな選択肢があり、自分のトレードスタイルに合った画面を表示することが可能です。



    NEWSチャートは、過去のチャートをクリックするとその時、経済界でどのようなことが起きていたのかが簡単にチェックできます。



    FXトレードをするためには、より多くの情報を得ることが大事ですが、過去のニュースは、今後の資産運用をするにあたって、結構勉強の材料になりますね。



    また、有名トレーダーのマーケット分析や今後の為替相場の予測、FX取引に関するノウハウといった基本的な情報も提供されます。



    プロのトレーダーの視点から今後の相場の展開が予測されているので、個人投資家が資産運用するにあたって貴重な判断材料になりますね。



    このようにトレーダーが有利に取引できるようなサービスを実施し、利益獲得のために多方面からサポートしてくれるのが外為オンラインの魅力なのです。



    だからこそFX取引高が、5年連続にわたってナンバーワンの地位を維持し続けていると言えますね。



    これらの情報は、外為オンラインに口座開設していれば、無料でいつでも閲覧ができます。



    FX口座をこれから初めて開設しようと思っているならば、外為オンラインは候補に入れておくべき業者です。



    ⇒外為オンラインの公式サイトから口座開設する



    レバレッジ1倍から始めたいFX初心者におすすめ業者『SBI fxトレード』






    ⇒SBI FXトレードの公式サイトから口座開設する




    証券系のFX業者です。証券会社で扱う商品には外国為替もあるため、決算した損益金を円以外の通貨で受け取ることもできるようです。



    こちらの初心者サイトですが、とにかく見やすい。さまざまな手順が実際の画面で作られてわかりやすいです。スマホやタブレット対応の画面ではスワイプ操作でできるなど、使い勝手の良さを追求する姿勢に好感がもてます。 



    SBIfxトレードの少額トレードには大きな特徴があります。それはなんと、1通貨単位から取引できるのです。取引証拠金にいたっては4円でOKです。



    通常、取引証拠金というのは、1万通貨単位からであれば約4万円。1000通貨であれば約4000円を開設口座へ入金する必要があります。この額は最高レバレッジ25倍の時の金額ですから、1通貨、4円からFXできれば、ちょっとしたお小遣いを使ってトレードできますよね?



    fx取引を上手に進めていくためには、とにかく数をこなすことが大事なのです。特に実践トレードが1通貨でできることは大きなメリットです。



    恥ずかしながら私のはじめての取引は勝って負けるというものでした。頭の中で戦法を立て、慌てる場面でもなかったのに、不覚にも早々に決算してしまいました。



    デモや頭の中のシミュレーションにはないメンタル面が取引には影響します。
    実践に勝るものなし!です。




    SBI fxトレードのスプレッドの狭さも注目ですね。スプレッドは売値と買値の差で、狭ければ狭いほど利益を上げやすいのですが、たとえば、通貨がアメリカのドルと円ペアの場合、他のfx業者は03~0.4銭程度のスプレッドです。でもSBI fxトレードの場合、0.27銭。コスト面もばっちりです。



    ⇒SBI FXトレードの公式サイトから口座開設する



    レバレッジ1倍から始めたいFX初心者におすすめ業者『ヒロセ通商』




    ヒロセトップ2-1 (画像引用;ヒロセ通商の公式ページより)



    このFXらしからぬ美味しそうなトップページ。知る人ぞ知る、ヒロセ通商人気のキャンペーン商品です。



    LION FX(ヒロセ通商)はFXに特化した専門業者で、私がはじめて口座開設した業者であり、早くから少額取引(1000通貨)をはじめたことでも有名です。




    FXは確実に儲かるものではなく、運用によっては手ひどく資産を目減りさせてしまうこともある金融商品です。




    大きくすることはいつでもできるのですから、まずはじっくり少額からはじめて、基礎トレーニングを積んでください。



    こちらは初心者の専門サイトがあります。FXの基礎用語などをいつでも繰り返し反復できます。いくら覚えても、つい忘れてしまうので、初心者でなくても便利だと思いますよ。



    気になる取引手順は「操作の基本を案内 かんたん動画セミナー」や「ピンポイントで選択 ムービーマニュアル」などがあります。



    動画や図で丁寧に解説され、まさに初心者にとっていたれりつくせり。フリーダイヤル・メール・FAXで24時間サポート体制もばっちり整っています。



    手数料は少額でも無料ですし、スプレッドも0.3~0.4と高水準。約定力にいたっては99.9%。従来は値動きによる損益の取引がメインでしたが、最近はスワップポイント(スワップ金利)が高いことでも注目されています。



    先のキャンペーンも含め口コミでも必ず上位にくる業者。上級になっても長くお付き合いできそうです。




    レバレッジ1倍から始めたいfx初心者におすすめ業者『マネーパートナーズ』




    マネーパートナーズSS-1 (画像引用;マネーパートナーズの公式ページより)



    ヒロセ通商と同じくFXに特化したFX専用業者です。「ここは昔から約定力には定評がある」スワップポイントを目的に南アフリカランドを運用していた知り合いからそう言って勧められた業者です。



    今回、記事を書くに当たり確認したところ約定力100%。これは市場調査とマーケティングの矢野経済研究所 の実施した「FXPCパフォーマンステスト」で、なんと6年連続第一位です。



    少額取引はパートナーズFXnanoといいます。100通貨からの取引が可能で、証拠金は400円。南アフリカランドなら100円からFXができるということです。



    nano口座の残高が必要証拠金の100%以下になると自動的に決済されるため、追徴金は発生ししないシステムで安心。



    スワップポイントも高めで100通貨なら多少のマイナー通貨でもコツコツやってみようかなと思いますよね。初心者にもおすすめできる通貨単位は魅力です。



    慣れてランクをあげたら外貨での取引もできます。スプリッドはSBIほどではありませんが0.3ですから優秀でやはり業界トップレベルです。



    こちらも初心者に対して親切で優しいサイトです。FXについては言うに及ばず、これからの老後資金等の資産管理と運用についてトータルで作られたサイトはかなりポイントが高いです。



    レバレッジ1倍から始めたいfx初心者におすすめ業者『GMOクリック証券』




    GMOクリック証券SS-1 (画像引用;GMOクリック証券の公式ページより)



    GMOクリック証券は直感的に取引できるということで、人気があります。はっちゅう君FXと呼ばれるツールなのですが、高機能なのに直感的な操作ができます。



    高機能だとデータが重いのではないかといったイメージを持つ人も多いと思いますが、パソコンにはそれほど負荷をかけない仕様で、パソコンの動作が鈍くなるといった心配もありません。



    表示画面はカスタマイズできるので、自分の見やすいように変えられます。



    SBIfxトレードと比較すると、スプレッドは若干劣るものの、業界の中ではトップクラスのスプレッドの狭さです。特に経済指標発表後は為替レートが大きく動くことがありますね。



    この時業者がリスク回避するため、一時的にスプレッドが拡大します。GMOクリック証券のスプレッドは拡大幅が狭いですし、元の状態に戻るのも早いですから安心して運用できるところもおすすめポイントですね。



    通常時だけでなく、緊急時のスプレッド幅は意識した方が良いと考えています。



    レバレッジ1倍のFX取引で安全運転を




    FX取引しようと思っている人の中には、「多少のリスクを冒しても大きな利益を」と思っている人もいれば、「利益は少なくてもいいから、とにかく手持ち資金が少なくならないようにしたい」と考える人もいますね。



    後者の損失をできるだけ計上したくない、安全運転で資産運用したいと思っているのなら、レバレッジ1倍のトレードがおすすめです。



    もしトレードに失敗したとしても、預けた証拠金の範囲での取引です。※取引する会社に確認必須。



    つまり証拠金がゼロになるとしても、それ以上のさらに証拠金を入れないといけなくなるような事態は回避できます。自分でリスクのコントロールがしやすくなります。



    FXと似たような外貨を使った資産運用として、外貨預金があります。



    リスクとリターンの程度は外貨預金と同じになるわけですね。



    レバレッジ1倍のfx取引の楽しみ方




    「少ない資金で大きな利益のあがるのがFXの醍醐味、レバレッジなしでfx取引して本当に稼げるの?」



    ことFX初心者にとって、このように思うケースが多々ありますが、レバレッジ1倍でも稼ぐことは可能で、十分、FXのうまみを堪能できます。



    fxは何も為替差益だけで資産運用するわけではないからです。




    スワップポイントを使って利益を出すことが可能です。




    スワップポイントとは、低金利通貨で高金利通貨を購入した場合、両者の金利差がそのまま利益として手元に入る運用方法ですね。



    ⇒fxのスワップ生活の始めの一歩のコツとは?

    ⇒年間3万円?fxのスワップポイントで稼ぐ方法とは?

    ⇒fxのスワップでおすすめの3業者は?比較ランキング!




    一般的に、外貨預金をしても金利を獲得することが可能ですが、FXで高金利通貨を使って取引すれば、外貨預金よりもはるかに大きな金利を獲得できる可能性もあります。



    例えば、オーストラリアドルは、世界でも屈指の高金利通貨といわれていますが、日本円とのペアにすると、会社によって相違しますが、1日45円くらいのスワップ金利を獲得できる可能性があります。



    年間でそのままの金利で推移した場合、獲得できる金利はこの場合、1万6425円になります。



    1オーストラリアドルが80円の時に1万オーストラリアドルを購入したとすると、年利回りは概算で2.05%。



    外貨預金含め、日本の金融機関に預金をしてここまでの金利をくれる所はまずありません。



    このように、レバレッジ1倍でも十分資産運用のうまみを体感できるわけです。



    レバレッジを掛けていると、為替レートが大きな値動きをした時にはロスカットの憂き目を見る可能性もあります。



    しかし、レバレッジ1倍であれば、値動きの損益やロスカットをあまり気にする必要がなく、中長期の資産運用ができるわけですね。



    為替レートが購入時より安くなっても、長いスパンで見ると変動は繰り返すものですから、買いのポジションであれば、数か月後等に、スワップポイントと為替差益として受け取れる可能性はあります。



    とはいえ、為替自体がリスク商品です。変動が大きければリスクも大きいですから、所有した通貨の情勢は必ずチェックし、ほったらかしは厳禁です。



    金利目的の買いのポジションは、持っているだけが基本スタイル。チャートなどを見て注文のタイミングを計る必要が少ないのは良いですね。



    為替差益は厳しい?




    デイトレードやスキャルピングのような短期取引で、為替差益による資産運用を考えている場合、レバレッジ1倍は厳しいかもしれませんね。



    特に相場があまり大きく動かない状況では、為替差益を狙うのは難しくなります。



    fx取引の最初の段階で、トレードに慣れるための肩慣らしとしてレバレッジ1倍の取引を始めて、慣れてきたら倍率を高めて、より大きな利益を狙っていった方がいいでしょう。



    スワップポイントですが、各国の金利は見直されます。高金利通貨もずっと高金利の保証はないので、定期的にロスカットレートと金利の推移を確認しましょう。



    ロスカットは証拠金の一定割合以上の損失がでると強制的に取引を終了させる機能ですが、業者によっては、急変時に機能が遅れる会社もあるようです。



    為替は生き物です。常に相場を注視し、不明点は質問するなどして、その結果をトレードやボジションに繰り返し反映させること。これがFX必勝法と考えます。



    P.S.



    FX初心者にとって、具体的な儲かるイメージを持つことは、精度高く継続的に実践する上で、非常に重要です。



    以下の記事では、いくつか事例を交えながら具体的にどうやって儲かるのか解説しておりますので、『FXって本当に稼げるの?』と不安を持っている場合は、一読されると参考になるかもしれません。



    fx初心者の疑問!FXはどうやったら儲かるか入門編



    関連記事




    ⇒FXでレバレッジ400倍?法人口座や海外業者のメリット・デメリット!
    ⇒fxで重要なレバレッジ計算をマスターしよう
    ⇒fxの特色の1つ・レバレッジとは



    関連動画








    関連サイト




    ⇒インターネットによるFX取引のロスカット義務

    ⇒「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令(案)」等の公表について

    ⇒市場調査とマーケティングの矢野経済研究所 トップページ