%e3%83%ac%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b8%e3%80%80%e6%af%94%e8%bc%83%e3%80%80%e6%89%89


こんにちはhasumiです。



FXで利益をあげるにはどの業者を選ぶのかが重要ですね。



最低証拠金や通貨の種類、スプレッドの違いはもちろんですが、各FX会社の提供するチャートやサービスが興味深いところです。



また最近では、FX初心者が、いきなり海外のブローカーで取引をはじめるケースも増えています。



キッカケはレバレッジの規制。そして目的は、高いレバレッジでの取引です。



ドルなど通貨のレートは、なにか事があれば大きく変動しますが、平素の振れ幅は狭いものです。



利益を得るには、大きくレバレッジをかけ、数百、数千万通貨を売買するほどが効率よいわけです。



今回は国内と海外のFX会社のレバレッジ比較とサービスについてお話しします。



スポンサーリンク





レバレッジでFX業者を比較~国内のFX業者に違いはなし?


%e3%83%ac%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b8%e3%80%80%e5%9b%bd%e5%86%85%ef%bd%86%ef%bd%98%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%80%80%e6%af%94%e8%bc%83


【金融庁によるレバレッジ規制(2011年8月)】

個人:最大25倍 法人:規制なし


これが国内のFX会社のレバレッジの現法です。



金融庁に登録した国内業者であれば、個人は最大レバレッジ25倍が上限。



つまり、あなたが個人であれば、国内で業者を選ぶ時、レバレッジで比較をする必要はないと言えます。



法人である場合は、DMM証券(最大25倍)以外の会社は、おおよそ100倍~200倍のレバレッジで取引ができます。



ただ、ひとつ。これは噂の範囲ですが、最近ネット上で法人も規制されるのではないか?と囁かれています。



400倍の高倍率レバレッジを売りにしていた「みんなのFX」が9月に100倍になりました。



ほかにもGMO証券など大手数社が200倍から100倍にレバレッジを引き下げています。



どの会社にもロスカットが設定されていますが、為替の急変時に注文の殺到や、値段が飛ぶなどで機能せず、証拠金以上の損失になってしまったことがあったのですね。



このような状況のため、近日中に金融庁が法人レバレッジを100倍に規制するのではないか?という噂があるのです。



国内のFX業者は、大きな魅力であるレバレッジで他社との差別化を図ることはできない状況と言えます。



ただ、良いFX会社は常に顧客をみてシステムを改良しています。



高機能の見やすいチャートをソフトだけでなく、アプリ開発にも尽力していますね。



トレード機能・約定力のスピード。長短はどの企業もあります。それでも顧客が満足するサポートをしっかり行う会社しかこの先、生き残れなくなっているとも言えますね。



スポンサーリンク




レバレッジでFX業者を比較~海外FX業者のサービス事情


%e3%83%ac%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b8%e3%80%80%e6%af%94%e8%bc%83%e3%80%80%e6%b5%b7%e5%a4%96%ef%bd%86%ef%bd%98%e4%bc%9a%e7%a4%be


海外のFX会社で取引業者を選ぶ時、レバレッジの比較をする以前に、金融ライセンス(番号)を持っているかどうかを必ずチェックすべきでしょう。



金融ライセンスは、日本では金融庁の行うFX事業の登録制度に該当するものです。



海外はぞれぞれの国で審査され条件をクリアした業者のみに認可されます。



FX会社が金融ライセンスを保持していれば、Webサイトに登録先の金融監督機関とその認可番号が記載されています。



念をいれて確認したい場合、例えば、イギリスの金融規制機関FCA(Financial Conduct Authority)のサイトで社名を検索すれば認可番号等が表示されます。



金融ライセンスをもつFX業者は、取引はもちろん、倒産時の保全においても、一定以上の安全と透明性が担保されていると考えてよいでしょう。



なお、為替の差益でなくスワップを目的とする場合、中・長期的スパンで、トレードを頻繁にせずにすむように証拠金をコントロースしてポジションを持ち続ける取引(スワップ)がありますが、レバレッジ1倍で堅実な資産運用が可能です。



⇒fxはレバレッジ1倍でも稼げる!初心者におすすめの業者は?




それではライセンスをもっているFX会社3つの特徴をご紹介しましょう。



【XM(エックスエム)】

xm%e3%80%80%e3%83%ac%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b8888%e5%80%8d%e3%80%80%e6%af%94%e8%bc%83 (画像引用;XM 公式)


XM(エックス エム)は、世界196カ国(20言語)でサービスを展開しているキプロスのFXブローカー。世界で最も基準が厳しいとされる、英国FSA(英金融サービス機構)及び、キプロス証券取引委員(CySEC)の許認可を取得しています。トレーディングライセンスの許認可(登録番号 538324)。世界4大監査法人KPMGによる定期監査を実施しています。



■日本人オペレーターによる、24時間サポート(電話・メール・チャット)完備

■レバレッジ:888倍

■日本のお客様限定:1人あたり、初回入金ボーナス=最大500ドル/再入金ボーナス=最大5,000ドル

■入金は即時反映、出金30分~1営業日以内に全ての処理を完了するよう対応。入出金の手数料は不要。日本国内の三井住友銀行による、クイック入金にも対応している。

■注文約定力:99.9%

■万一には、最大2万ユーロまで信託保全。



【AXIORY(アキシオリー)】

%e3%82%a2%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%80%80%e3%83%ac%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b8400%e5%80%8d (画像引用;AXIORY 公式)


AXIORYは、ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSC にて許認可を受け、 インターナショナルマーケットに金融サービス(Forex、CFD、コモディティー、インデックス、ブローカーヘッジ、各種カード、ファンド運用、マネーマネージメント)を提供する会社です。



■日本語サポートデスク 日本時間:10:00~21:00(土日 休業)

■レバレッジ:400倍

■取引手数料を無料にした一般のトレーダー向け「スタンダード口座」と、業界最安値の取引手数料プロトレーダー向け「ナノスプレッド口座」の2種類の口座タイプを用意。

■スプレッドの狭さ業界1と低い手数料

■注文約定力:99.8%

■信託保全先「Sparkasse bank」の信託口座に委託され、当社の資金と区別し管理される。



【LAND-FX】

land-fx%e3%80%80%e3%83%ac%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b8500%e5%80%8d%e3%80%80%e6%af%94%e8%bc%83%e3%80%80 (画像引用;LAND-FX 公式)


LandFXは英国金融行動監視機構(FCA)に認可されています。 登録番号:709866
ニュージーランドに本社をおく比較的新しいFXブローカーです。
またFCA CASS(顧客資金取扱規定)の規定のもと、お客様の資産を保護しています。



■24時間コールセンター(日本サポートは平日10時~18時)

■レバレッジ:500倍

■初回入金時、30,000円/300ドル以上の入金に対し入金ボーナス10%を適用

■リカバリーボーナス:ストップアウト(ロスカット)時、初回入金額の5%をキャッシュバック

■すべてのお客様の資金は分離して運営。破綻・取引中止の場合、最大5万ユーロまで補償


取引量を増やし、高いリバレッジにする場合、スキャルピングなどでわずかな値動きでもスプレッドが狭く、約定力が高い業者での取引でなら、十分に利益が期待できます。



レバレッジを高くすると僅かな変動でも大きな利益もしくは損失になります。



最後に。海外FXの大きな特徴を3つ上げますね。



1つ目はゼロカットサービス。証拠金以上の損失はすべて0になり追証はありません。



2つ目は口座開設の際の入金ボーナスが高額なこと(日本人向けである場合も)。キャンペーンも多いです。規制後に取引を縮小しなければいけなかったユーザーが海外FXに乗り換えたポイントでもあります。



3つ目がMT4を通常仕様にしている会社がほとんどであること。



FXは為替の取引です。レバレッジは諸刃の剣です。国内でも海外の会社でも、レバレッジを使う時には、取引量の計算を習慣化しましょうね。



⇒FXのレバレッジ計算方法!計算例でメリットデメリットを理解!



関連記事


⇒FXのスワップの金利で初心者でも稼げる方法は?手順と業者選びまとめ!
⇒スキャルピング向きのおすすめfx業者は?
⇒初心者におすすめ!デモトレードで比較するfx業者の選び方
⇒fx業者選びでスプレッド比較は欠かせない!



関連動画






スポンサーリンク