fxのスワップで稼ぐ


こんにちはhasumiです。



FXで稼ぐ方法は、ドルなどの通貨を使って、為替レートの変動で利益をあげるイメージを持つ人は多いと思います。



しかし、このような差益を目的とする取引以外に、トレードをしなくても稼げる方法があるのです。



それが、スワップポイントを利用してコツコツ稼ぐ方法です。




今日は、中長期的な運用を想定している初心者の人におすすめのスワップについてご紹介しましょう。



⇒FXのスワップポイントで稼ぐには?初心者がおさえるべき知識5つ!



スポンサーリンク





FXのスワップとは




確実にスワップポイントを手に入れる


世界では、いろいろな通貨で、貿易などの経済活動が行われています。そして国によって、金利の設定も異なりますね。



日本は、1998年以降、長引くデフレで超低金利政策が続いていましたが、2016年1月。ついにマイナス金利の時代へと突入しました。



この政策は、市場にお金を流通させるために、日銀に預けている銀行の資金に対して導入されたものですが、効果はイマイチ。



一般銀行に、数百万円を定期で運用しても、1年でわずか数百円という、非常に低い金利しかつかない現状は、全く変わりはありません。



しかし、世界の中には政策金利が高く設定されている国が、意外に多くあるのです。




例えば、南アフリカのアフリカランドという通貨は、2016年5月現在、7.0%と非常に高金利です。



スワップポイントとは、2国間の異なる金利差のこと。つまり利息のようなものです。



FXでは、こういった高金利の通貨を、低金利の通貨で買い、このポジションを持ち続けた期間のスワップポイントを毎日、受け取ることができます。



同様な商品に外貨預金がありますが、銀行独自のレートや高い手数料で、この恩恵は残念ながら相殺され勝ちです。



その点、FXは手数料といえるスプレッドがとても狭いため、必然的に受取額が多くなるのですね。



スワップは、FXの業者それぞれで設定されるため、同じ通貨のペアであっても、各社で相違します。



また、マイナーな通貨は取引を行っていない業者もありますし、最低取引が1万通貨以上などのルールもあります。



ですから、スワップ目的でFXをする場合、欲しい通貨を取扱う業者か、最低取引量はいくらかを確認して口座開設をした方がよいでしょう。



⇒FXのスワップをするならここ!比較おすすめの3業者を紹介!



FXのスワップポイントを具体的に検証してみる




スワップ 気になる通貨で試算する


ここでは政策金利が高いと人気のトルコリラと日本円のペアで仮試算してみましょう。



トルコの通貨であるトルコリラは2016年7月現在、政策金利は7.5%です。日本円は0.1%ですから、その金利差は7.4%もありますね。※情報は、以下すべて2016年の仮試算です。



スワップは業者によって非公開のところもありますが、現時点での一番はヒロセ通商でした。今日は上位5社の平均値をとって1万通貨で100円のスワップポイントとして試算します。



1トルコリラが35円の時、1万ドルの買いポジションをもった場合、35万円になります。1年後のレートが同じであった場合、スワップポイントは1年間で36.500円。スプレッドなどを考慮しなければ金利差以上の10%になりますね。



つまり、単純計算ですが上記の設定で、FXで1万円のスワップを稼ぐには、高金利のトルコリラ3000通貨を1年間持てば良いことになり、資金は約11万円です。



もちろん、この資金をポンドやユーロなどで頻繁にトレードを行う方が資金効率は良いかもしれません。ですが、思わぬ方向へ変動した場合は、短期間で損失もでます。



しかし、スワップポイントは一度、買いのポジションを持ってしまえば、所有しつづける間は、スワップポイントを稼げるわけです。



このスワップポイントで生活するためのコツを、以下の記事でまとめております。ご覧になって、ぜひスワップ生活の第一歩を踏み出してくださいね。



fxのスワップ生活の始めの一歩のコツとは?



さて、スワップポイントは、ポジションを維持した日数分手に入ります。



また毎日決まった時間に自動的に加算されるようになっているのです。




ポジションを持った状態のままでスワップポイントを手に入れることを、ロールオーバーといいます。




外貨預金の場合、満期が来ないと利息がプラスされませんし、その金利は始めに決められたもののみです。




スワップポイントは固定された金額ではありませんが、毎日、確実に発生し、ロールオーバーされます。これはFXの大きな魅力の一つです。





なお、加算される時間帯や実際どの程度のポイントが入るかも業者によって異なります。



スワップポイントで資産運用したいと思っているなら、このような所も業者を選びの比較対象にしてみると良いでしょう。



スポンサーリンク




FXのスワップポイントの注意点




高金利通貨を買いポジションで


スワップポイントはあくまでも買いポジションを持っているときにもらえます。



その逆のケースで、高金利の通貨を売りポジションで持っている場合には、経過した日数分だけスワップポイントを支払わなければいけません。





FXには、空売りと言って売りポジションから入れる特徴があります。




空売りとは「これから下がる」と見越して売り、下がったところで買い戻せば差額が利益になる手法です。



スワップポイントは、ポジションを持って、日にちをまたげば発生します。



ですから、売りからポジションをもった場合には、スワップポイントを支払う側になるので、このような取引をした場合にはポジションの持越しをしないように注意しましょう。



そして、スワップの高い国の通貨は、新興国が多く、情勢によってレートが急変することが多いのも特徴です。



所有するのは外貨で、元本保証はありません。ですから常にレートをみて情勢のチェックは怠らないようにしてくださいね。



とはいえ、日本の低金利は当面はこのままの続くと思われます。




したがって、事前に情報収集して、円高の時に高金利の外貨を買いポジションで持っていれば、高いスワップポイントを順調に稼ぐことができることでしょう。




このスワップポイントで稼ぐメリットは多くあり、以下の記事でわかりやすくまとめております。これを機会に検討してみてはいかがでしょうか。



fxのスワップ金利で稼ぐ4つのメリットとは?



最後に、高金利として人気が高い通貨は、紹介したトルコリラ以外にも南アフリカランド、豪ドル、そしてニュージーランドドルといったところがあります。



円高時にこれらの通貨を購入して、しばらくスワップポイントで稼ぎ、それを円安展開になったところで売れば、スワップと為替差益の両方を受け取ることもできますよ。



関連記事




⇒FXをスワップで稼ぐための3つのブログ活用法



関連動画








スポンサーリンク