レバレッジ扉


こんにちはhasumiです。



fxではレバレッジをきかせた取引ができますから、小さなお金でも大きな利益を上げることができますね。



口座に証拠金を入れれば、これが一種の担保になってその何倍かのお金を借りて資産運用する形になります。



いうなれば、借金をして投資をするような形になります。レバレッジを活用するときには、借金をしている意識を持つことが大事です。



今回、fxの特徴の1つであるレバレッジと、借金の関係性について解説していきます。



スポンサーリンク





fxは借金して運用するってどういうこと?




 借金1


少し実際の例で紹介してみたいと思います。



1ドル100円の時に、1万ドル購入したいと思ったとしますね。この場合、通常100万円の資金が必要になります。でも普通に働いている人がポンと100万円を、投資のために準備することは難しいと思います。




ところがfxの場合、口座に数万円のお金が入っていれば、これを担保にして数倍から場合によっては数百倍の借金ができるようになります。これがレバレッジという仕組みです。




「借金なんかしてまで投資をして大丈夫?」こんなふうに借金に対して抵抗を持つ人もいると思います。ですからもう少し借金をした後の取引についてみていきますね。



たとえばfx口座にある3万円の証拠金で1万ドルを購入した場合の取引を例にします。



この解釈は、3万円を担保に、口座を作ったfx会社にお金を借りて、1万ドルの買いポジションを持った状態になります。この時あなたの口座には、証拠金の3万円はそのまま残っています。



その後レートが円安になり1ドル101円になりました。さて、この時点で1万ドルを売ればどうなるでしょうか?



そうです。ドルは円換算で101万円になります。そして同時に借りた100万円を返済するので、手元には差額の1万円が残り、もとの証拠金3万円と合わせ4万円の残高になります。



fx会社で借りた100万円でドル通貨を売買し、1万円の為替利益を得て手持ちの資金を増やしたことになります。



つまりこれが「少額の資金で大きな取引ができる」というfx(外国為替証拠金取引)の
仕組みなのです。




ちなみに返済手続きは、1万ドルを売った時点でfx会社が100万円を回収してくれます。



ドルや他の外国通貨でスプレッドと呼ばれる通貨手数料はかかりますが、自分ですることは「どの通貨にするか、どのタイミングで売買するか」を決めて行うだけです。



それ以外の手続きをする必要はありませんし、金利は一切発生しません。



その理由もお話しいたします。



スポンサーリンク




fxは借金をして投資をする差金決済方法です




借金2-2


fxのシステムは株式でいえば信用取引になります。



先の例でおわかりのように、実際の通貨を取引するのではなく、購入したレートと売る時のレートの差額金額のみで決済する取引を行っております。



この方法が信用取引と呼ばれるもので、日経平均先物、TOPIX先物やオプション・ファンドなどもこれに該当します。



信用取引は大きくは現引取引と反対取引にわかれます。



現引取引は証券や現金という現物で返済する方法です。しかし、この方法をfxは行っておりません。



fxは買った(売った)ポジションを売買して返済する方法のみで、売却時のレートによって損益が決済される反対決済です。




証拠金を利用して、数倍から、海外のfx会社であれば数百倍まで外貨を購入できます。買い(売り)ポジションを売却することで決済します。その結果により証拠金が増減するというのがfxの基本的な取引とお金の仕組みなのです。




眼には見えませんが、証拠金に倍数のレバレッジをかけての借金による投資であることや、反対売買することで借金した分を即時返済する形になることをおわかりいただけましたでしょうか。



レバレッジの倍率を高く設定し、大きな取引をしても金利が発生しないのもそのためなのです。



このように現金や証券を直接受け渡すことなく、反対売買して生じた差額だけを使って決済する方法を差金決済といいます。 




差金決済は実際に現金のやり取りをするわけではないため、少ない証拠金があれば取引ができるわけですね。




このようにfxは、今まで余裕のある人やまとまった資金のある人しかできなかった投資の世界に、少ない資金でも大きな金額を動かし、その結果、大きな儲けを獲得しうる可能性を示しました。




しかしこれはあくまでも取引に成功した場合です。



では逆に失敗した時にはどうなるかを見ましょう。先ほどの実例をまたつかわせていただきます。



まず、100万円で1万ドルを購入して、円高になり1ドル99円になったとします。その後円安になる気配がないため、損切りをしたと仮定します。




この場合、99万円が手元に入ります。しかし借りたお金は100万円ですから、1万円は自腹で返済しなければなりません。




ここで使われるのが口座に入っている証拠金です。先ほどの例だと3万円が口座に入っていましたね。この3万円から1万円分が差し引かれ、2万円が口座に残るわけです。これもまた反対決済ですから、fx会社が自動的に行います。




損失が証拠金の範囲内であれば、含み損ではありますが、その後の取引いかんでは立て直しは十分に可能です。しかしレバレッジの倍率を欲張りすぎた上に、損失が出てしまうと、借金はレバレッジに比例して膨れ上がることになります。




ですがfx会社では、預け入れた証拠金以上の借金になる前に強制的にゲームオーバーになることがほとんどです。





その流れは、最低証拠金額を超えた「追証(おいしょう)」の段階で警告(マージンコール・ロスカットアラーム)します。その時に必要証拠金額を入金しない場合、ロスカット(完全決済)となり、預けた証拠金を失います。



大変なダメージではありますが、ある程度名前のあるfx会社での取引であれば、ロスカットを設定することで証拠金以上の莫大な借金をこうむることはまずないと思っていいと思います。



fxだけでなく投資をする時には、自分のルールのひとつひとつを明確に決めてはじめることがなにより重要です。



売買のルール・損切のレート・レバレッジ・ロスカットのルールをより具体的に決めおくことが利益をあげるのに一番の手法であると私は思っています。



それらについては、以下の記事で詳しくまとめておりますので、併せてご確認下さい。



fxで儲かるためにはルールを確立すること



レバレッジとロスカットのリスクについて




借金3


fxはレバレッジを掛けることで大きな利益を得ることも可能にしましたが、どんなに細心に注意をしても急激な為替変動を前に、なすすべもなく大きな損失を受けてしまう場合があります。



このような場合、レバレッジの大きい取引は、小刻みに増やした利益をたった一回の急落で、一気に破たんへと追い込んでしまいかねません。



借金に借金を重ねないためには証拠金の中で損失が抑えられるシステムを事前に決め、設定しておくことは必須です。



私の実地体験からのルールを紹介させていただきます。



反対決済になるレバレッジがどの通貨であれ1~5倍以下に決めていること。(最近は3倍以下)これにより、急激な為替変動で証拠金に及ぶことがあっても少額ですみます。



また自分のもったポジションの最低証拠金額とそのレート。そしてロスカット基準を常に頭にいれて取引をしています。



とにもかくにも自分でこういった数字の管理できるだけのポジションしかもたない。これもルールと言えるかもしれませんね。



大きな勝負より確実に勝っていくことについて記事にしていますので読んでみてください。



fxの稼ぎ方はこの3つポイントあり!



ロスカット基準は証拠金額の20~30%といいます。私の場合は、取引中は、折りあるたびに証拠金を追加入金して、暴落した場合でも大丈夫と思えるまでに入れていきます。



最低証拠金額は各fx会社で違います。今はどの会社でも必要な数字をいれればクリック一つで金額が算出されると思います。ぜひご確認して習慣化してください。



fxで負けて借金をつくるという意味ではなく、レバレッジを掛けることで借金を貰って運用しているというふうに前向きに理解して、せっかく借りた資金は有効に使い、fx取引を楽しんで欲しいと思います。



それでは今日はこの辺で。



スポンサーリンク




P.S.



fxを実践する時、以外に使える情報が2ちゃんねるの情報です。玉石混合の中、実態ベースの非常に役立つ情報を見つけることができますね。



詳しくは以下の記事でもまとめておりますので、ご参考下さい。



fxは情報戦!時に2chを活用する方法も



関連記事




⇒fxの勉強をしたい!そんな人におすすめの動画を3本紹介!
⇒fxのおすすめ本は?取引スタイル別に4冊紹介!
⇒fxの運用スタイルの一つ・スイングトレードの手法を徹底解説
⇒fxの注文方法まとめ!自動売買の種類とメリットは?
⇒fxの投資手法はマインドの戦い
⇒fxと外貨預金ってどっちがいいの?
⇒fxの仕組みは簡単?挫折をするタイプは2種類
⇒fxの口座開設数はどのくらいあった方がいいの?



関連動画








カテゴリTOPに戻る

⇒ FX入門