おすすめ本


こんにちはhasumiです。



円の預金に恩恵がない今、ドルなど外貨での運用を考える人が増えていますね。



ただ、FXのような投資を、ギャンブルと同じで運で成功が決まるものとか、資金を失って借金になる危険なものと思う人は案外多いようです。




しかし、あらかじめ申し上げておきますが、投資、中でもFXは、運などで決して利益を得られるものではありません。




FXは外貨を使って、二国間の為替差益や、スワップポイントと呼ぶ高金利で利益をあげる金融商品。円の預金と違い、刻々とレートが変動するリスクのある投資です。



この変動のリスクに備えるロスカットの設定も、売買も、すべて自分の判断ですから、経済やトレンドをつかむ勉強をするなど、スキルを磨かなければ利益に繋がりません。



それでも人気があるのは、少額の資金でも、ある程度のリターンが期待できるからに他なりません。



今はさまざまな情報が簡単に入手てきますが、インターネット上にある情報は、検索性には優れていても、FXを体系立てて学ぶことが難しいです。



検索は、あくまでもピンポイントのワードで、物事の全体ではないからです。



体系立てた学びとは一所にとらわれず、全体を理解することです。木をみて森が見えずの状態になってしまうと、麓の火事に気付けず、大きな損失になったりします。



FXの初心者は、特にこの学習の仕方が、失敗のリスクを抑えられるように思います。



もちろん、『サルでもわかるFXとは講座』のような超基本的な内容であればWebでも収集できますが、やはり、情報が体系的に整理されている書籍を一冊は購入し、読破してください。



基礎があってこそ、知識も生かせ、相場に合わせた応用も可能になります。



また、ネット上には有料のメルマガやセミナーの案内が多数ありますが、FX会社によっては取引をしていない人でも無料でセミナーを受けられますので、これを利用するのも良いですね。



そんな訳で今回は、FX初心者におすすめの本を3冊紹介します。



スポンサーリンク





fx初心者には一番売れている投資の雑誌ザイが作った「FX」入門本がおすすめ




ザイFX (画像引用;amazon)




たぶんトレード経験のある人なら「ザイ」を知らない人はいないでしょう。




ダイアモンド・ザイ編集部が作った本で、FXとは?証拠金って何?リスクはどこにあるの?といった基本的なことから、各種テクニカルに関すること。FXにおいて外せない、アメリカの経済指標の見方まで、実践的な流れを網羅した入門書になっています。



FX本はいろいろと出ていますが、著者のコラムが書かれたものが結構多いです。



コラムは主観的な観点もあって、さまざまな分野に使える汎用性はあると思っています。でも、一番売れている投資の雑誌ザイが作ったFX入門本には、コラムのような贅肉(?)がありません。



ですから、ボリュームはさほどではないものですが内容は濃く、FXというものを全体で理解するには適した書籍です。



⇒fx初心者の疑問!FXはどうやったら儲かるか入門編



特におすすめは、個人投資家三大集合!というお話の箇所。



16人の個人投資家の失敗談が書かれていて、これから自分が経験するであろうポイントがいろいろと書かれています。



⇒fx初心者で失敗するのは当たり前のこと



FX初心者におすすめの本『ズバリわかる!fxチャートの読み方・使い方―3倍儲かるチャート分析術』




ズバリわかる!FXチャートの読み方・使い方・3倍儲かるチャート分析術 (画像引用;amazon)



FXではテクニカル分析が運用するためには必ず必要になります。その中でも過去の値動きを、月足など時系列で図表化したチャート分析は、欠かせないスキルです。



FXで本気で勝ちたいと思うなら、トレードするためのツールを使いこなすことと、チャートを常にみることです。トレンドラインの理解やテクニカル分析力が向上すれば、勝率は一気に上がっていくはずです。



チャートは、世界の出来事が読み取れるものです。チャートが先か出来事が先がというくらいです。



政局・事件・災害。為替が大きく振れる瞬間のすべてがこのチャートにはっきりとでます。乱降下しているけど、この時に何があったのかな?と調べてみると、その時代の出来事もわかります。



チャートは過去から未来までの地図。チャートがわかれば、その通貨の国の経済指標や今後のトレンド(為替の方向性)がある程、読めるようになります。



そうなれば相場での利益確定や、意に反した急落での損切のタイミングが判断できる。




テクニカル分析の重要性が、おわかりになりますよね。




チャートにまつわる不思議な話もたくさんあります。機会があったらこんなお話しもしたいと思います。



そんなわけで、ズバリわかるFXチャートの読み方・使い方―3倍儲かるチャート分析術をおすすめいたします。この書籍はFXチャートに特化して詳しく解説されています。



ローソク足のパターンや移動平均線といった基本的な所から、ボリジャーバンド、フィボナッチ、ストキャスティクスの使い方やその応用までと中身も充実しています。



出て来るたくさんの手法やテクニカル指標をすべて覚えなくても良いのです。



このような手法があると、ざっくり捉えていれば、おいおい意味もわかるようになりますし、何かの折に、そういえばと思いだすこともある。そのためにまず書籍に目を通して欲しいです。



書店に行くとFX関連の棚でまず、「普通の主婦が○万円稼いだ!」とか「20代で何千万!」などが目に飛び込み、順番に見ていくとズバリわかる!FXチャートの読み方・使い方―3倍儲かるチャート分析術といった実践本に行きつくでしょう。



こちらも著者のコラムが一切ないので、効率的な構成になっているといえます。カラー版ですから、普段あまり本を読まない人でも読みやすいと思います。



スポンサーリンク




fx初心者がトレードの心得を学ぶにはゾーン相場心理学入門を読むべし




ゾーン相場心理学入門 (画像引用;amazon)



fx投資で失敗する人を見てみると、感情に振り回されて冷静に市場の現状を把握できずに、損失を出しているパターンがしばしばみられます。



また、市場の通貨動向をよみ、しっかり分析しているにもかかわらず、目先の情報にとらわれポジションを変え、大損をしてしまうトレーダーもいます。



人間って、事実より気分やその場の感情で行動してしまうことが往々にしてあるのですよね。



ゾーン相場心理学入門では、感情に流されることなく、自分で最初に決めたルールに従って、粛々と機械的にトレードすることが収益に繋がると説明してくれています。



適度な緊張をもってまわりにまどわされず、資金を管理し、最高のパフォーマンスができる心理状態を作る考え方。



気持ではなく、あくまでも確率論で戦略を練るべきであることも紹介されています。



FXでトレードをしていると、なかなか思うように収益を伸ばすことができず、壁にぶち当たる日もあるでしょう。何もかもすべて投げ出してしまいたいこともまた、あるかもしれません。



そんなときに、ゾーン相場心理学入門を見てみると良いと思います。



「あぁ、そういうことなのだ」と改めて自分に気づかされ、冷静に判断できるようになるかもしれません。この本は、ちょっと内容的には固いですが、言っていることの一つでもわかれば、スムーズに読み進められると思います。真にFX必勝法マニュアルを求めるならば、メンタルを除いては語れません。



読んで気付けばしめたもの。本来持つべき力が発揮されるばかりでなく、頭が冴えて、すばらしい分析がはじきだされ、信じられないような勝率を叩き出すかもしれません。



トレードに関するチェックシートもあります。イエス・ノーで答える単純なものですから、暇つぶしにチャレンジしてみませんか?



書籍でFXの概略を理解できたら、今度は実際にFX口座を開設していきます。



FX口座を開設する際、いくつか業者がありますが、初心者におすすめの業者を選ぶ際のポイントについて以下の記事でまとめておりますので、ご参考下さい。



超fx初心者おすすめの業者のポイント



また、口座開設をすると、業者主催のセミナーが受けられます。受講内容やレベルに応じた勉強は、理解が深まりおすすめです。



fx初心者はセミナーに参加すべし



関連動画








スポンサーリンク





【→ カテゴリのTOP『FX初心者』に戻る