失敗 扉


こんにちはhausmiです。



fx取引で失敗して損失を出してしまった、ロスカットの憂き目にあったとなればつらい経験でしょう。実際このような失敗を経験して、投資に挫折してしまうfx初心者もいます。




しかし初心者はある意味運用で失敗するのは当たり前のこと。




そう思って、あまり深刻に考えない方が良いと思います。



スポンサーリンク





初心者で失敗しない人はいません!




失敗4-1


通常、投資を始めるとき、自分の資産を増やしたいと思って取引すると思います。



ここでいう初心者とは、fx(外国為替証拠金取引)に限ったことではありません。というのも、ほんの少し前まで日本では投資をする人は一部の限られた人達だけだったと思います。



それ以外の日本人は、為替どころか円安円高もなんのことやらわからないとか、今、ドルがいくらなのかも知らないという人たちが多かったはずです。



長い景気低迷と0金利は、生活に影響が及ぶようになりました。投資なんて余裕のある人がするものと思い込んでいたけれど、少しでも増やせるものならやってみたいへと変わってきたのだと思います。



けれど悲しいかな、今までの日本は元本保証が基本。資産運用の中にリスクのある「投資」という選択肢はほとんどなかったのです。



そんな訳で今や、投資セミナーはどこも大盛況です。



つまり、日本人の老若男女ほとんどは投資の未経験者であり、投資をはじめた人は初心者なのだって思いませんか?



スポンサーリンク




fx初心者で失敗しない人もいません!




失敗ダーツ


数ある投資の中でも少額からはじめられ、うまく運用できれば大きく増やせるfxは円安の波に乗り、ここ数年で一気に注目を集めています。



株式などと違い、個人が大半というfx取引は、fx会社の預かり金残高で82百億円(矢野経済研究所調べ)と去年よりさらに増額。なかでもドルは情報が多くトレンドが読みやすいこともあり、通貨では一番の取引額です。



fxの大半は短期トレードがやはり多いようです。レバレッジをやや大き目にかけて、狙った方向に動いたら手早く利益を確定する手法だと思います。



ここでfxの初心者がよくする行動は、思った方向に行かなかった場合におきます。



損失が出始めると、「もっと下がるのではないか」と怖くてあわてて損切をする。損切をした後、上がってきた。「なんだ、持っていればよかった失敗した!」というパターンです。



でもこれって失敗でしょうか?確かに損失はでたけれど、もし下がり方が大きかったら、レバレッジが高い場合には一気にロスカットしてしまいます。失敗というか成功というか?といったところですね。



fx初心者は目先の失敗にとらわれないで!




5失敗


どんなにトレードのキャリアを積んで、スキルアップしても予測が外れて失敗し大きな損失を出す人はたくさんいます。有名なトレーダーだとしても、勝率100%の人なんていません。



失敗することは、誰もが経験していることなのです。



fx初心者で挫折してしまう人で多いのが、1回1回の取引を重視しすぎてしまうパターンです。失敗が立て続けに起きると、「自分は向いていないんじゃないか」とか「fxでは利益が上げられないのではないか」と思う人もいます。



でも先ほども紹介したように、誰だって取引に失敗します。1回の取引に一喜一憂するのではなく、もっと長いスパンで見ましょう。



例えば数回の取引で勝ち、合計2万円の利益が出て喜んでいたら、次の取引で3万円負けて1万円を損失してしまった。または、数回の取引で2万円負けていたが、別の通貨で3万円の利益がでて、結果1万円プラスになった。



いろいろな通貨や売買ができるfxは、同時に他で利益を出すことも可能なので失敗分をカバーできます。トータルで見て資産が増えているかどうかが重要な問題なのです。



「fxで多少の失敗をすることは当たり前である」、こんな感じで気軽に構えながら運用した方が良いと思います。そして。複雑な取引はしないことです。あくまでも初心者なのですから。管理できる範囲でシンプルに行った方がよい。と私は思います。



スポンサーリンク




fx初心者は失敗に慣れることから!




失敗の



fx初心者は失敗が当然のことだと思うこと、多少何度か失敗して、失敗に慣れた方が良いかもしれません。



「慣れる」とは「失敗のとらえ方」と置き換えた方がわかりやすいでしょうか。



もちろん取引に失敗して資産が目減りすれば、悔しいっていう気持ちになりますよね。



ただあまり負けたことや失ったものを引きずったまま取引をすると「次は絶対勝ってやる」と気負いすぎ、どんどんドツボにはまってしまうと思います。



「勝ってやる」っていう気持ちが強すぎると「絶対に負けたくない」という心理に変化します。



すると確実性を求めてしまって、思ったところで注文できなくなります。躊躇してしまうからです。さらにこの心理状態が重症になると、取引の仕方がわからなくなってしまい、まともに取引できなくなることもありますね。



失敗するのに慣れることに関してもう少し突っ込んで話をしますが、当然のことながら失敗し続けろと言っているわけではありません。




自分なりにトレードのルールを決めて、根拠を持って取引した結果、それが失敗に終わったら、それはそれで仕方のないことと思うことが大切。つまりこれが慣れるという失敗のとらえ方です。



fx初心者が失敗から学ぶこと




失敗2


失敗をひきずって、自分のトレードスタイルを崩してしまう人もいます。不振にあえぐ野球のバッターが、何とかしようとして自分本来のフォームに手を加えて、ますます打てなくなるような状態に似ています。



迷って焦って小手先ですればするほど失敗します。fxでは負けることがあってもそれは当たり前くらいの気持ちを持って、トレードに当たりましょう。




fxは専門的知識やスキルなどももちろん必要です。しかし案外投資マインドといいますか、精神面をいかに冷静に保っていられるかが重要です。




言うのは簡単ですが、何せお金が絡んでくるので実践するのは結構難しいです。



追い立てられるような状況で冷静にいられるっていうのは理想ですが、生まれ持った性格は変わらないといいますしね。



でも、スポーツなど真剣に物事に取り組んだことがある方は、自身の中に「何をしても良いパフォーマンスが得られる状態」という体験談を、多かれ少なかれお持ちだと思います。
それはどのような心理の時だったのでしょうか?fx取引成功のヒントになるかもしれません。



そういったお話しを、以下の記事で紹介している『おすすめ書籍』で、3つ目に紹介しております『ゾーン相場心理学入門』を一読されることをおすすめします。



fx初心者におすすめの本3つを公開



では今日はこの辺で。



スポンサーリンク





P.S.



FXで儲かるイメージを具体的なケースで把握することは、初心者が今後稼いでいく上で重要な要素。以下の記事でいくつか紹介しておりますので、ご興味があればチェックしてみて下さい。



fx初心者の疑問!FXはどうやったら儲かるか入門編



それから、先輩FXトレーダーの実践の様子が紹介されているブログ情報も非常に参考になります。成功要因、失敗要因を具体的なケースで学ぶことができ、より緻密な判断ができるようになります。



ブログ情報の重要性については、以下の記事でもまとめておりますので、ぜひご確認下さい。



fx初心者がブログの情報を参考にすべきかどうか検討してみた



関連記事




⇒サルでもわかるfxとは講座



関連動画








【→ カテゴリのTOP『FX初心者』に戻る