稼げるチャートを選ぶべし!


こんにちはhasumiです。



為替の予測で利益を得るfx、外貨チャートの選び方によって、収益にも大きく影響するため、戦略的に選んでいきたいものです。



一方、PCやスマホでの取引が当たり前になった今、FX業者の外貨チャートは高精度の分析は当たり前になってきています。



そんな中、FXで勝ち抜くためには、どのような視点で外貨チャートを選定していけばいいのでしょうか?



今日は、チャート選びの重要性とコツについて、3テーマに分けて、詳しく解説いたします。



スポンサーリンク





fxで勝ち抜くための外貨チャート選びのコツその1;各業者のfxチャートの差の実態を知る




FXチャートってなに?2



一般的にfxでチャートといえば、fx会社のトレードツールを指します。




口座開設をして、ユーロ/円で取引をしたい場合、通貨ペア一覧から選びクリックすれば、すぐに欲しい外貨チャートが表示されます。



fxチャートは分足変更、テクニカル指標の表示、経済指標やマーケット情報。注文や決済。そしてロスカットやアラーム機能の設定に至るまで、すべてが一つの画面で簡単にできる優れもの。




このように、fx会社の提供するチャートは、fxをあまり理解していない人や、パソコンに不慣れな人でも、すぐに取引ができるように作りこまれているのですね。




それならば、なぜチャートを選ぶ必要があるのでしょうか?



1つ目は、fx会社が提供するチャートは、それぞれ独自に開発したチャートソフトであるということ。



一見、搭載設備が同じであっても、チャートの形状や指標の数はもちろん、差別化を図りたいため導入する機能も、基本的な取引要綱も違います。



⇒FXのチャートソフトのお薦めは?分析機能やサポート面で5つ厳選!



大げさにいえば、会社の姿勢と技量が現れたもの、それがfx会社のチャートといえます。



fxで勝ち抜くための外貨チャート選びのコツその2;選んだ外貨チャートを実際に使ってみる



使ってみる 外貨チャート 2


チャート選びの2つ目は、2つ以上のfx会社で口座開設して、チャート比較しながら、少額で実地検証を繰り返しすることです。 



【チャート選びのコツその1】

  • 移動平均線・ストキャスティングなどテクニカル指標が複数でも綺麗に見えるか
  • 使いやすいレイアウトか
  • 入出金先(最寄にあるか)
  • 注文の種類
  • 一連の動作がスムーズに行えるか
  • 同じテクニカル指標での他社比較
  • 24時間サポートの有無



  • ここではあなたの嗜好にこだわってチャートを選んでください。



    例えば、ロイターなど確かな情報源が閲覧できることや、スワップ目的の豪ドルや、ちょっとマイナー通貨のランド、スイスフランなど情報が充実しているかをチェックしていきます。



    【チャート選びのコツその2】

  • エントリーとポジションのレート幅(スリッページ幅)
  • 表示・約定されるスピード
  • 注文と決済の約定率
  • 土日の取引出来る時間帯
  • 土日にもチャートが表示されるか
  • メンテナンスがしっかり行われているか



  • これらの項目は、まさに利益と直結する項目ですから、要チェックです。



    チャートの良し悪しが本当に自分でわかるようになるためには、少額であっても実際に行う取引の経験がなによりの勉強です。



    常日頃から経済に興味を持ち、基本形のテクニカルを理解することがFX上達の近道。



    特に、FX初心者は、天井と底値を見極められれば、リスクは激減しますので意識してみてください。



    詳しくはこちらの記事でもまとめておりますので、あわせてチェックしてみてください。



    fxチャートの分析精度を高めるインジケーター2種の活用方法は?



    fxで勝ち抜くための外貨チャート選びのコツその3;日本のfxチャートがガラパゴスであることを認識する



    MT4シェア 8割


    【ガラパゴス諸島】
    地球誕生より大陸と陸続きになった歴史がない海洋島。何かしらの理由で空や海から流れ着いた生物たちは、他に類をみない種として独自に進化し、現在に至る 



    日本の携帯もまた、世界市場から一線を画し、独自に進化してきました。ガラケーと呼び、スマホとの対比として出来た言葉です。



    この現象、fxにも共通するところがあります。



    今、MT4というチャートソフトが非常に注目されています。



    MT4は無料のトレードチャートで、十数年前から、日本で使用している人もいたのですが、日本で普及してきたのはつい最近です。



    その特徴は、数百にのぼるステトラジー(戦略)やインジケーターを自由にカスタマイズできること。



    アイフォンでいえば好きなアプリをカスタマイズするような感じです。


    ⇒ザイのFXチャートについて!アプリを活用すべき3つの理由は?



    チャート分析機能と自動売買(シストレ)が優れ、その世界シェアはなんと8割強。



    一方、日本では、国内のfx会社がそれぞれ独自に開発したチャートソフトを使用するのが主流です。



    MT4が世界シェア8割という支持があるということは、それだけ信頼性が高い証拠ともいえます。



    国内のFX業者が開発したFXチャートを愛用している場合、さらに収益を高める施策の1つとして、MT4の併用も検討していきましょう。



    スポンサーリンク




    fxで勝ち抜くための外貨チャート選びのコツその4;NDD方式とDD(OTC)方式を理解する



    NDDとDD(OTC)方式


    fxの取引は大きく分けて、直接取引できるNDD方式(ノーディーリングデスク)と、DD(OTC)方式(ディーリングデスク)があります。



    NDD方式(ノーディーリングデスク)は、トレーダーの注文をインターバル市場の金融機関とダイレクトに行う取引で、fx会社はその仲介手数料を報酬とします。



    DD(OTC)方式は(ディーリングデスク)といい、fx会社はトレーダーの注文を受け、ディーラーが売買を行う取引の仕組みです。



    海外のfx会社はNDD方式ですが、日本ではセントラル短資・ヒロセ通商・YJFX!など数社のみで、ほとんどはDD(OTC)方式です。



    このため、fx取引の透明性を求める人や、国内ではできない数百倍のレバレッジ取引をする人などが、海外のfx会社に向かい、取引チャートがMT4というわけです。



    ちょっと複雑で慣れるまでに時間がかかったとしても、マスターできれば透明性の高いツールには相違ありません。



    そんなわけで、fxのチャートは今、過渡期にあるのかもしれません。



    MT4の世界シュア8割というのも、単に日本のfx会社のような優れたチャートが開発できないだけかもしれません。



    というのも、MT4以外は2種くらいしか流通していないのは事実だからです。



    これに対し、日本のfxチャート開発の熱意と充実度は目を見張る勢いです!



    fxをすべて海外で取引する人。



    チャート分析だけMT4で行う人。



    安心感が一番と国内以外は取引しない人。



    ともあれチャートは、シンプルで、結果がでやすことが一番ではないかと考えています。具体的におすすめ会社を記事にしました。こちらからご覧ください。



    おすすめfxチャートを選ぶための2つのポイントとは?



    「習うより慣れよ」という言葉の通り、実際にチャートを使って試行錯誤をすることが良いチャート選びの最大のコツなのです。



    P.S.


    新規に口座開設をする場合、キャッシュバックを、国内外のfx会社のほとんどが実施しています。ザイ限定のキャッシュバックもありますので、サイトをご確認ください。


    ただ、ポンド●万通貨以上というように、比較的、変動の激しい通貨で、取引量が多い条件です。初心者の人は本末転倒にならぬよう、ご注意くださいね。




    関連記事




    ⇒FX初心者がチャートの読み方の精度を高めるためのコツ2つ!
    ⇒外為チャートの過去データの活用方法まとめ!自動と手動の長短は?
    ⇒ザイのFXチャートについて!アプリを活用すべき3つの理由は?
    ⇒fxのリアルタイムチャートの分析精度を高める別指標の活用法は?
    ⇒fxチャートはリアルタイム性がなぜ重要?おすすめ業者は?
    ⇒fxの取引にアプリのチャートが必要な2つの理由は?
    ⇒日経225miniチャートで一攫千金?fx以外の少額投資
    ⇒fxのチャートパターンからコツコツ継続的に稼ぐ4つのコツとは?
    ⇒FXの為替チャートで円ドルやユーロドルが稼ぎやすい理由まとめ!
    ⇒無料のfxチャートを初心者が効果的に活用するコツ3つとは?
    ⇒fxチャートの見方の3つの基本は?ローソク足の見方を詳細図解!



    関連動画








    スポンサーリンク