日経225mini 扉


こんにちはhasumiです。



お金を増やすには投資が必要だと思うけれども、リスクを考えるとまとまった資金は使えない。



そんなニーズにこたえ、大口である金融商品が、少額からはじめられるようになってきました。



今回ご紹介する「日経225mini」もそんな投資商品のひとつ。



新聞やテレビのニュースなどでよく耳にする日経平均株価を対象としたもので、資金効率が良いこともあって、じわじわと人気が出ています。



それでは早速、ご紹介しましょう。



スポンサーリンク





日経225miniをポイント解説~日経225miniとはどんな商品?




日経225のミニ


日経平均株価(日経225)は、東証(TOPIX)とともに日本を代表する株式指数。東京証券取引所第1部に上場する225銘柄を、ダウ平均株価のもとになる計算方法で算出した平均株価の事です。



この指数がこの先の決められた日に、上がるか下がるかを予想して売買する。これが日経225先物取引という投資商品。株式などの利益は上昇時のみですが、下落も取引できます。



また、買いポジションを買建玉(かいたてぎょく)、売りポジションを売建玉(うりたてぎょく)と呼びます。



日経225miniはその取引を10分の1に小口化したものです。



≪主な特徴≫

1.最低取引金額  日経平均株価の1000倍 ※日経225miniは10分の1の100倍
2.証拠金取引   レバレッジを効かせ、少額で大きな取引が可能。
3.差金決済取引  決済した差額を受け取る(支払う)
4.限月取引    取引には期限がある
5.夜間立会    夜間も取引ができる
6.低コスト     



日経225先物取引の解説をしていきますね。



1.最低取引金額は日経平均株価指数の1000倍。単位は一枚です。



たとえば日経平均株価が16000円の場合、日経225先物の最低取引額一枚は、16000×1000=1600万円です。※日経225mini(ミニ)は10分の1で160万円。



非常に大きな金額ですね。しかし、証拠金を預け入れば、この一枚分の取引が約50万円(※日経225miniは約5万円)ででき、利益は一枚を運用したものと同じ金額が受け取れます。



2.証拠金は、SPAN(シカゴ・マーカンタイル取引所が開発した計算式)を基準に、各証券会社独自の倍率をかけ、設定しています。



楽天証券の最低証拠金を参照しますと、SPAN証拠金81万×1.2倍=97.2万円。日経225miniはその1/10で9.72万円。(2016年3月現在。変動あり)



資金の一部を証拠金として預けることで、その資金の数倍もの運用できます。この効果をレバレッジと呼びます。



3.証券がなく、発生した利損益のみを決済します。証拠金があればデイトレードも可能です。



4.先物取引は、限月(げんげつ)決済であらかじめ満期日があります。



決済期日:3月、6月、9月、12月の第2金曜日の前日。清算していなかった場合、第2金曜日に自動的に決済となります。※ミニは毎月



5.日中だけでなく、夜間立会(ナイト・セッション)で、午後4:30~翌午前3:00まで取引ができます。



6.日経平均連動型ETFなどの現物株式と比較した場合、取引手数料は一枚税込410.4円と安いです。※ミニは41.04円。また、信用取引と比較した場合、金利や貸株料等もかかりません。



普段よく耳にするニュースには為替のドルもありますね。fxを円ドルからはじめるメリットについてこちらで解説しています。



為替チャートを円ドル取引から始めるメリットは?



次は取引をもう少し具体的にご紹介しましょう。



スポンサーリンク





日経225miniをポイント解説~日経225miniの利益と損失は?




日経225mini 利益と損失2


日経225miniで利益が出る時、あるいは損失となる時はどのような場合でしょうか?



たとえば3月1日、日経平均株価が16000円とします。



日経225miniは、日経平均株価の100倍。一枚を購入する場合の取引額は、16000円×100倍×1枚=160万円の取引になります。


レバレッジを効かせ、一枚を約5万円の証拠金で購入。その後、日経平均株価が200円値上がったので、16200円の時に決済しました。


この時、証拠金約5万円で、160万円の運用をしたので(16000円+200円)×100倍×一枚=162万円に増えました。



差金決済ですから、162万円-160万円=2万円。2万円の利益です。



逆に日経平均株価が200円下落した場合は、(16000-200円)×100倍×一枚=158万円。158万-160万円=-2万円。そう、2万円の損失です。


レバレッジという「てこの原理」により、小さな資金で大きな運用ができる反面、大きなリスクもあります。



例題のレバレッジは32倍(1.6万円×100倍×1枚÷5万円=32)と高めです。



高いリバレッジは、一攫千金も夢ではない反面、追証といって、証拠金以上の多額の損失を追うケースもあります。



そうならないための対処法をご紹介します。



まずはストップロス機能を設定し損失を限定しておくこと。



次に、先のたとえなら資金5万円を10万円に増やすなど、レバレッジを低く設定すること。



また、口座の証拠金を目いっぱい使うのではなく、レート変動に備えて資金を多めに入金するなどで損失を出さない取引に心がけましょう。



スポンサーリンク




日経225miniをポイント解説~効率よい注文方法と話題の増田足とは?



増田足2-2 (画像引用;(増田経済研究所の公式ページより)



日経225miniの代表的な注文方法は、指示(さしね)注文と逆指値(ぎゃくさしね)注文です。


指値注文は、●円以下になれば買い、もしくは●円以上になれば売りといった注文方法。


逆指値注文は●円以上になれば買い、もしくは●円以下になれば売りという注文方法。



マネックス証券 日経225mini(画像引用;(マネックス証券の公式ページより)



呼値(よびね)は売り買いの値段(1株当たり)のことですが、単位は、日経225は10円。日経225miniでは、半分の5円です。



つまり損益をより細かくコントロールできるわけですね。




注文はシステムトレード(自動売買)機能で行えば効率がよく、感情的な取引を避けられるなどリスクを限定することもできます。




短期決済ですので、投資家心理も十分読んでトレードしてください。



fxでも、トレーダーの心理まで考えてチャートの動きをつかむことが必要です。このポイントを2つに絞り、別の記事でまとめています。



fxの為替チャートを見るときの2つのポイント



さて、日経225miniなどの先物や株式業界では、最近、話題になっているソフトがあります。



増田経済研究所の開発した「増田足」です。




「増田レシオ」「四次元・日足」などの特許取得もしてますね。



リアルタイムチャート上に、売買のサインを表示してくれるソフトを15日間無料でダウンロードできます。セミナーなども開催しています。



⇒fxチャートはリアルタイム性がなぜ重要?おすすめ業者は?



ご自身でチャートを分析して成果をあげるもよし、さまざまなインジケーターをいれて自動売買するもよし、ソフトを使うもよし。



⇒fxチャートの分析精度を高めるインジケーター2種の活用方法は?



あなたが納得するトレードで資産を増やしましょう。



関連記事




⇒FX初心者がチャートの読み方の精度を高めるためのコツ2つ!
⇒外為チャートの過去データの活用方法まとめ!自動と手動の長短は?
⇒FXのチャートソフトのお薦めは?分析機能やサポート面で5つ厳選!
⇒ザイのFXチャートについて!アプリを活用すべき3つの理由は?
⇒fxのリアルタイムチャートの分析精度を高める別指標の活用法は?
⇒外貨チャートを選ぶ時の4つのコツまとめ!
⇒fxの取引にアプリのチャートが必要な2つの理由は?
⇒fxのチャートパターンからコツコツ継続的に稼ぐ4つのコツとは?
⇒おすすめのfxチャートを選ぶための2つのポイントとは?
⇒無料のfxチャートを初心者が効果的に活用するコツ3つとは?
⇒fxチャートの見方の3つの基本は?ローソク足の見方を詳細図解!



関連動画







スポンサーリンク